Verascope 木製箱型 ガラス写真付 Jules Richard社 Made in France

 

 

 

 

 

 

DSC_0263.JPG

 

 

 

 

 

Jules Richard Stereoscope Brevete Verascope Richard Stereo Viewer

 

ジュール・リシャール社(Jules Richard)によって1800年後期に製作された、

立体(3D)ガラス写真と、それを見るためのステレオスコープビュアのセット。

 

立体写真は微妙な横ずれをもつ2枚のガラス写真で、左右の眼で別々に見ることにより三次元的な立体感を生じさせます。

ガラス写真は18枚が当時の箱に入っています。ステレオスコープはマホガニー木製の箱型。

側面にあるガラス写真を差し入れる細長い開口部より挿入します。

 

ステレオスコープは1856年にイギリスの科学者、ジョン・B・ダンサーが発明。

19世紀後半にヨーロッパで一大ブームとなりました。

その後リュミエール兄弟(フランスの映画発明者/映画の父)が、1890年に世界初の映写機シネマトグラフを発明。

シネマトグラフを用いて1894年にフランスのリヨンで作られた世界初の動く映像「工場の出口」は大変有名です。

このリュミエール兄弟によって作られた、モノクロ無声ドキュメンタリーが世界初の映画と言われています。

リュミエールは1900年に開催されたパリ万博でも映画を上映し、世界中からやって来た人々を驚かせました。

こんな小さな木の箱から現代にまで続く映画の世界が始まったと思うと、、、何だかワクワクしてしまいます。

 

 

 

 

世界初の映画「工場の出口」

 

 

 

■ガラス写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0270.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ステレオスコープ本体

 

DSC_0258.JPG

 

 

DSC_0259.JPG

 

 

DSC_0262.JPG

 

 

DSC_0264.JPG

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1800’s後期

・サイズ:縦7.5cmx横13.5cmx高さ14cm

・OT1335 ¥35,000-

※本体+ガラス写真込み

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

 

双眼鏡と虫眼鏡 ベークライト製   Made in France

 

 

 

 

 

 

DSC_0203.JPG

 

 

 

 

 

Binoculars and Magnifying glass

 

もうひとつ双眼鏡のご紹介です。

 

本体は黒色のベークライト製。

こちらも折り畳んで胸ポケットに入れておける双眼鏡です。軸のアーム部分は1.5cm程伸縮出来ます。

そして小さなレンズを畳んで大きなレンズだけでみると虫眼鏡になります。

本体フレームに方位磁石と鏡が、背中合わせに取り付けられています。

 

双眼鏡と虫眼鏡、方位磁石と鏡という多機能グッズ、昔これを持って山登りやハイキングに行ってたのでしょうか。

1950年代頃のフランス製。こういう発想がたまらなく好きです。

開いた時のデザインがとてもチャーミングです。

専用のプラスティックケースが付いています。少し割れてますが使用可能です。

 

 

 

 

 

DSC_0204.JPG

 

 

DSC_0205.JPG

 

 

DSC_0207.JPG

 

 

DSC_0208.JPG

 

 

DSC_0209.JPG

 

 

DSC_0210.JPG

 

 

DSC_0211.JPG

 

 

0522 034.JPG

 

 

0522 016.JPG

 

 

・France 1950's

・サイズ:L=11cmxW=11cm

・AC0340 SOLD

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

木箱 カードケース  Made in France 

 

 

 

 

 

 

DSC_0130.JPG

 

 

 

 

 

フランスで買付けた卓上用木箱。書斎で使われていた物でしょうか。

木の材質は恐らくウォールナットかローズウッドと思われます。

上部蓋の表面には異なる木の材質、模様が嵌め込みされていて、泡や瘤のように見えることから、泡杢(あわもく)とか瘤杢(こぶもく)と呼ばれています。欅や楓、花梨などに稀に見られる木の表情で非常にめずらしい物です。

 

本品の内部はからくり箱のようになっていて、上蓋を開くと内部の3段のケースが立ち上がるように造られています。ケースはそれぞれ3つに区切られていて3段分で9つの区切りになります。

(幅が4〜5cm位なので名刺サイズは入りません)

 

使われている金物類はすべて真鍮製、正面の小さな手掛け用ツマミはアイボリー製になります。

箱の四隅の留め継ぎは「雇いざね」といって、これもとてもめずらしい留め継ぎの方法です。

 

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

DSC_0131.JPG

 

 

DSC_0136.JPG

 

 

DSC_0133.JPG

 

 

DSC_0135.JPG

 

 

DSC_0138.JPG

 

 

DSC_0137.JPG

 

 

 

 

 

 

 

・France 1940's

・サイズ:縦12cmx横21cmx高さ6.7cm

・OT1396 ¥20,000-

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

琺瑯製 White Pot Blue Check  BB社

 

 

 

 

DSC_0115.JPG

 

 

 

 

 

 

B.B社のブルーチェックと縦筋のラインがチャーミングな補修だらけの琺瑯製ポット 。

随分使われていたようで上部のツマミ、両サイドの持ち手、側表面等たくさんの補修跡があり年季を感じさせる一品。

補修部分はしっかり定着しているので剥がれることはありません。

余り見かけないフォルムのアイテムですが、恐らく1930年代頃の物ではないかと思います。

 

B.B.社は1800年代後半からフランスやベルギー等ヨーロッパ近隣諸国に多く輸出していました。

元はチェコスロバキアとオーストリアに工場を持つ合弁会社。

フランスへの輸出が圧倒的に多かった為フランスのブランドとも云われています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

DSC_0120.JPG

 

 

DSC_0122.JPG

 

 

 

0625-2 008.JPG

 

 

 

・チェコスロバキア 1930’s頃

・サイズ:上部直径10cm、腹部直径13cmx高さ13cm

・KT1711 ¥8,500-

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

Hyppolyte-Boulanger Creil et Montereau のボウル CHOCOLAT-MENIER

 

 

 

 

 

DSC_0055.JPG

 

 

 

 

クレイユ&モントローのボウル

H.B.C.M(Hyppolyte-Boulanger Creil et Montereau)=イポリト・ブーランジェ・クレイユ・モントロー

H.B.C.Mは、クレイユ&モントローが1920年にChoisy le Roi(ショワジー・ル・ロワ)窯との合併後、

この名前を最後に1955年に完全に閉窯となりました。

 

Menier Chocolate(ショコラムニエ)社は1816年創業のパリの製薬メーカー兼チョコレート製造会社。

当時、チョコレートは医薬品としても使用されていました。

 

クレイユ&モントロー当初の薄いプレートのイメージとは異なり、分厚いしっかりしたボウル(カフェオレボウル)

ロゴの字体や藍色の色合いがとてもその時代を感じさせます。

全体的に状態も良好ですが、物によりダメージが異なります。

60年〜80年前の物になりますが、この先も一生大切に使っていきたいボウルです。

 

 

 

DSC_0055.JPG

 

 

DSC_0056.JPG

 

 

DSC_0057.JPG

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

 

 

DSC_0060.JPG

 

 

DSC_0061.JPG

 

 

DSC_0062.JPG

 

 

DSC_0063.JPG

 

 

 

 

 

 

・France  1930-1950's

・サイズ:直径12cmx高さ7cm

・KT1496 ¥8,900-(在庫4)

 

 

※商品価格は全て内税です

商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

電気スイッチ 大型ロータリー式 ベークライト製

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0127.JPG

 

 

 

 

オランダで見つけてきたベークライト製の大型スイッチ

ベークライトの代名詞のような濃い焦げ茶色の光沢がとてもカッコいいです。

ロータリー式で回すとカチッカチッと音が鳴ります。スイッチ線をつなげば使用出来ます。

 

下部(あるいは上部)から配線を挿入してパイプ等からのシーリング配線に接続するタイプです。

ロフト(倉庫)感覚で配線をする時などに最適です。壁には両サイド2か所の穴よりビス打ち出来ます。

ビスは付属されていません。

 

 

 

DSC_0123.JPG

 

 

DSC_0124.JPG

 

 

DSC_0125.JPG

 

 

DSC_0126.JPG

 

 

 

0601 004.JPG

 

 

0601 009.JPG

写真に写っている赤い配線は元々使われていた物になります。

 

0601 010.JPG

 

 

・オランダ 年代不明

・サイズ:直径6cmxH6.5cm

・OT1426 ¥5,200- (在庫3)  残り2

 

 

※商品価格は全て内税です

商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

オランダの古いガラス瓶

 

 

 

 

 

 

DSC_0278.JPG

 

 

 

 

南オランダの古いガラス瓶。明確な年代はわりません。

透明な薄いブルーグリーン色がとても綺麗です。細長の素朴なフォルムもかわいい。蓋はありません。

何に使われいたボトルかは分かりませんが日本に戻って綺麗に水洗いしました。

お店では今一輪挿しにして展示しています。自然光が当たってとてもチャーミングです。

 

 

 

 

 

DSC_0279 - コピー.JPG

 

 

 

 

DSC_0279.JPG

 

 

DSC_0280.JPG

 

 

DSC_0281.JPG

 

 

DSC_0282.JPG

 

 

0703 034.JPG

 

 

・Netherlands 

・サイズ:直径4cmx高さ15.5cm

・OT1447 SOLD

 

 

※商品価格は全て内税です

商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

Coffee grinder PeDe DIENES  木製置型  Made in Germany

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0285.JPG

 

 

 

 

 

こちらは、1900年代中期頃にPeDe社で製造された木製コーヒーグラインダー。

PeDe社は、1869年にドイツのオランダに近い街、レムシャイトにピーター・ディエンによって創業。
”De" はオランダ人貿易商ダウ・エグバーツのイニシャルで、250年の歴史を誇るヨーロッパ屈指のコーヒー豆の貿易会社でした。その後コーヒー・グラインダーも製造するようになりました。

第一次世界大戦後(1919年)敗戦によるドイツ経済の破局と共に工場は存続の危機に陥り、オランダ資本の下、ブルーケレンでも製造されるようになり1970年にその幕を閉じました。
そのためPeDe社の
コーヒー・グラインダーは、ドイツとオランダ製の2種類があります。こちらはおそらくドイツ製。


オランダに行くと街でよく ”DE" のマークのカフェがあり、今でも美味しいコーヒーを提供し続けています。
オランダにスタバが少ないのはこの "DE" があるからとも言われています。

本体の箱部分とグリップ部分は木製、コーヒーの受皿部とツマミはベークライト製。

本体内部に豆の挽き具合を調整するレバー金物が付いています(写真参照)
ダークブラウンに赤のアクセントのカラーリング、P
eDeのラベルの鹿の絵柄もチャーミングです。
ひととおり、レストアして内部のチェック、洗浄まで済ませてありますのでこのままご使用して頂けます。
試し挽きも完了しています。とても挽きやすくしかも綺麗に挽くことが出来、お勧めの一品です。

 

 

 

 

 

DSC_0286.JPG

 

 

DSC_0288.JPG

 

 

DSC_0289.JPG

 

 

DSC_0291.JPG

 

 

DSC_0293.JPG

 

 

DSC_0297.JPG

 

 

0617 025.JPG

 

 

0617 022.JPG

 

 

0617 021.JPG

 

 

・Germany 1940-1960's

・サイズ:ボックス=横12.5cmx縦13cmx高さ13cm(ツマミ突端マデ高さ23cm)

・KT1690 ¥25,000-

 

 

※商品価格は全て内税です

商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

Hyppolyte-Boulanger & Cie assiette rébus 判じ絵プレート  France

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0307.JPG

 

 

 

 

H&B de Choisy

Terre de fer Hyppolyte-Boulanger(イーポリト・ブーランジェ) は1804年、パリ近郊南のChoisy le Roi(ショワジー・ル・ロワ)に設立した古窯。

1920年にはあのクレイユ&モントローと合併、30年後の1955年に閉窯しました。

 

"Assiette Rébus" とは判じ絵プレートのこと。

判じ絵は言葉や物語を人や物の絵に置き換え、その絵に対する韻で色んな物事を表現しています。
こちらは、150〜180年くらい前にフランスで作られたプレートになります。

プレートに描かれた内容はよく解りませんがその絵の美しさや繊細さは見事です。

 

裏面に書かれたフランス語を直訳すると、

"Les méchants sont méprisés de tous"   邪悪な者はすべてによって軽蔑される

と記されています。

 

縁に描かれた草木のガーランド模様レリーフも良いですね。

かなり状態も良くあまり時代を感じさせない一品です。

 

 

 

 

DSC_0308.JPG

 

 

DSC_0306.JPG

 

 

DSC_0304.JPG

 

 

DSC_0305.JPG

 

 

DSC_0303.JPG

 

 

DSC_0302.JPG

 

 

DSC_0310.JPG

 

 

DSC_0311.JPG

 

 

・France 1841-1876's

・サイズ:直径21cmx高さ2.5cm

・KT1647 ¥15,000-

 

 

※商品価格は全て内税です

商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

SMIの目覚まし時計  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1900前期にフランス、マルセイユに工場があったSMI社 Société Méridionale d’Industrie (SMI)

1950年頃に製造されたゼンマイ式目覚まし時計。

本体ケースはクロムメタル、上部にハンドルが付いています。フェイス部分の針と数字部分には蛍光塗料が塗られています。

上部にある小さな目盛りは目覚まし用です。

 

下部にオレンジ色で、「GRANDJEAN VILLEFRANCHE S/S」

と書かれていいますが、これは恐らくパリの南にあるVillefrancheという街の、Grandjeanというエクステリア会社のことではないかと思われます。会社のノベルティだったのでは?間違っていたらスミマセン。。。

 

背部には本体の時刻とベルのゼンマイ巻き金具、目覚ましの時刻合わせ用ツマミ、それから半月形の部分は時間合わせに微調整ツマミが付いています。どれもちゃんと使えます。

一度ゼンマイをフルに巻くと1日半(33h)程動きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180330_953730[1].jpg

 

 

 

・France 1950年代頃

・サイズ:直径10cmx奥行4.5cmx高さ11cm

・OT1208 SOLD

 

 

※商品価格は全て内税です

商品のお問合せ・ご購入について