2018年春の買付け旅 4/10〜4/27 No.1 出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新春の候、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

なんて言ってるうちにもう梅雨入りしてしまいました!

帰国後荷物の整理やイベント出店でじたばたしていて「買付けの旅日記」が後回しに。。。

と、4月に行って来た買付けの旅日記(後付け)をそろそろと始めていきたいと思います。

 

 

4/10火〜11水
春の買付けの旅スタートです。
飛行機が深夜便なので夕方までお店開けて、その後家に戻ってスーツケースを持って吉祥寺駅へ…

 

今回の飛行機は羽田空港から出発。成田へ行くよりはちょっと楽。。。

毎度のことながら今回も大好きで便利なリムジンバスで羽田まで行きます。

しかも夜のリムジンは空いてて楽ですね。乗客は私たちを入れても6名。

吉祥寺20時50分に出発して21時半にはもう羽田空港に到着。約40分位、とても早いです。

 

翌、深夜0時30分羽田発のエミレーツ航空、ドバイ行。
今回エミレーツは初搭乗。評判もいい航空会社。羽田路線の機体はボーイング777-200。

ジャンボ機とはいえ、この規模で座席の配列が3-4-3というのは凄く狭く感じました。

真ん中のシートを4列にしているので通路幅がとても狭くなり、CAさんが凄くやりにくそうでした。
この機体の大きさで3-4-3にすると、こうなっちゃうんだなぁと思いました。

 

食事の内容や、スタッフの対応は良くも悪くもなく普通でした。

隣りが空き席だったので私たちは多少楽でしたが、開放感はあまり無く閉塞感がありました。

後述しますが、エミレーツを使う時は成田発ドバイ行のA380の方がオススメ。

 

 



羽田からドバイまで約11時間30分、時差はマイナス5時間。現地時間で朝7時前の到着予定です。

ドバイでアムステルダム行きに乗り換え。隣町のアブダビはエディハド航空のトランジットで何度か来たことがありますが、ドバイは初訪問なので楽しみです。

 



ところがその後、乗継時間が元々1.5時間しかないにもかかわらず、ドバイ到着が20分も遅れて、飛行機から乗継ターミナルまでシャトルバスで20分位掛かり、乗継ターミナルに到着した時には既に出発20分前。Gate Closeの時間をもう過ぎてました。

 



シャトルバスを降りると既に空港係員が待っていて、大きな声で「アムステルダム!アムステルダム!」と叫ぶ声が…。その係員のいわれる通りに空港内を走り回り、手荷物検査、セキュリティーチェックも全部割込みでスルー。漸くアムス行きの搭乗ゲートに到着。空港内を見学なんて悠長なことを言ってる場合じゃありませんでした!

 

既にゲートはクローズしていて私たちの他、オランダ人6名は無事飛行機に乗ることが出来ました。

私たちの搭乗後間もなく飛行機は動き始めました。定刻8時5分から約30分遅れで出発。

 



「あぁー今日はドバイで一泊かも…(T-T)」なんてと殆ど諦めていましたが、無事飛行機はアムステルダムに向かって離陸してくれました。良かったー、思わず胸を撫で下ろしました。

空港内は走ってたばかりで何も見られず写真も撮れず終い。また帰りに寄るのでその時のお楽しみに…

 


アムステルダム行きの飛行機はあの有名なA380-800。500名近い乗客を乗せられりる2階建ての巨大ジャンボ機。

1階がエコノミー、2階がファーストとビジネスで入口も別々。2階にはBarやシャワールームまであるらしい。

最新鋭の機体なので先ほどのボーイング777-200と違って横幅も高さも広い。

機体が大きいので、同じ3-4-3の配列でも開放感があってかなりゆったりしてます。

シートの背もたれを倒さなくても窮屈しませんでした。

 

ワンフロアが全部エコノミークラスなので、よく見るビジネスとの仕切のカーテンも無く視界もスッキリしてます。

新しい機体なので機内も綺麗で気持ちいい。こちらはとてもオススメ!羽田からの路線とはえらい違いでした。

機体に余裕があると乗務員も仕事がし易いみたい。

キャビンアテンダントも笑顔でサービスも良くなるんだなぁと実感しました。

エミレーツはUAEの航空会社ですが、こんな機体を何十機も所有しているそうです。凄い…お金持ち。。。

アムス行きの飛行機で、ドバイ在住の日本人のキャビンアテンダントのHarukaさんに出会いました。

ドバイ在住の大阪の出身で綺麗で面白くて素敵な方でした。

彼女はアムステルダムに24h滞在して、明日の同便でまたドバイに帰るそうです。大変なお仕事ですね。
来月には東京に帰って来るそうなので吉祥寺のお店に遊びに来てくれるそうです。

降りる時にノベルティー頂いちゃいました。

 



飛行機は現地時間13時ぴったりにアムステルダム、スキポール空港に到着。
ドバイからアムステルダムまで約7時間、なかなか快適な空の旅でした。
これから荷物を取って列車でロッテルダムに向かいます。

 



が、ここで再びトラブル発生!!預けた荷物がアムスに届いてない。
どうやら乗客は間に合ったけど、荷物の積み替えには間に合わなかったようです。

次のドバイ→アムス行の夜便に積んで来るそうです。次の便の到着は夜9時の予定。

 

空港で待つのも随分時間があるので、着いたらホテルに持って来てくれるようにしました。

バゲージサービスのカウンターで書類を書いて提出、空港を出ることにしました。

カウンターを出る時に、1日分のアメニティー(ウェッティ、ハミガキセット、クリーム、香水等々)や、着替えの洋服一式に寝間着等が入った大きなアメニティーバッグをくれました。

そしてお詫びに荷物1つに付き20ユーロのお詫び金まで。。。店長今日の夕飯代が出てスッカリ満足気味。。。

 

 

前回来た時に購入したオランダのスイカ、OVチップカード(OV Chip Kaart)を空港駅でチャージをして、宿泊先のロッテルダムへ向かうことにしました。

 

これがあるとオランダでの移動にとても便利です。

これひとつで、電車、バス、トラム等主要な乗り物は殆ど乗れます。

結局、私たちは手荷物だけでロッテルダムへ移動。かえって楽させてもらいました。

 

 

スキポール空港駅からロッテルダムまで約30分。オランダの列車は殆どが2階建て車両です。

 

 

ロッテルダム中央駅に到着〜、南オランダ屈指の大都会、駅も近代的な建物です。

 

アパートメントのオーナーとのチェックインの約束までまだ時間もあったので、オランダのスタバ、D・Eカフェでちょっと休憩。

 

D・Eの店員さんの素敵でスマートなウインクにたじろぎながら、早速お約束のミントティーを頂きます。

もちろん男性です。

 

 

オーナーさんとの挨拶も終わり、これからしばらくお世話になるアパートメントに到着。駅から歩いて10〜15分位の所。

アラブやアフリカ系の居住区に近い所ですがセキュリティもしっかりしているので問題なさそう。

近くにスーパーもいっぱいあります。エレベーター無しの3階ですが部屋が広めなので荷物を目一杯広げられそう。

 

 

 

 


キチネットにドラム式洗濯機も装備されてて感激。長期滞在なので洗濯機があるのは助かります。

しかし、後日乾燥までやったら余りの高温の為、ジーパンが縮んで履けなくなっちゃいました。。。

 

早速街へ晩飯の買い出しに・・・

 

 

 

今日の晩ごはん。。。なんて栄養バランスのとれたメニュー!!

白いのはキュウリのマヨネーズ合え。私、買付け来るとコレ必須なんです。オリーヴも安いので助かります。

 

その日の夜23時半頃、私たちの荷物はアパートに無事到着。やっと一安心しました。

他のオランダ人はアントワープに行くって言ってたから、この運転手さんはこれからアントワープまで行くのかしら。。

取り敢えず私たちは荷物を片付けて今日はこれまで。。。明日からいよいよ買付けスタートです。

 

続く>>>

 


 

 

 

Photo Flame (中)と(小)  Made in Netherlands

 

 

 

 

 

 

 

0605 039.JPG

 

 

 

 

 

オランダのフォトフレームを2つ買付けてきました。

いつもフォトフレームはたくさん買付けてきますが今回はこの2つだけ。

以前は木製の物ばかり買付けていましたが、最近はスチールや真鍮製の物に目がいってしまいます。

 

 

ひとつは通常の写真が入るタイプ、もう一つは5cm位の小さなちいさなフレームです。

似合いそうな写真を入れてみました。大きい方はサクレクール寺院の前の階段の所で撮影したものです。

大きい方は湾曲したドーム型のガラスになっています。縦置きと横置きどちらにも使えるように出来ています。

勿論どちらも後ろから写真の入れ替えも可能です。

大きい方は真鍮製にグレー色の焼き付け塗装、小さな方はスチール(アルミ?)製と思われます。

 

 

 

 

 

■大きい方のフォトフレーム

0605 040.JPG

 

 

0605 041.JPG

 

 

0605 042.JPG

 

 

0605 043.JPG

 

 

0605 043.JPG

 

 

 

 

 

■小さい方のフォトフレーム

0605 046.JPG

 

 

0605 044.JPG

 

 

0605 047.JPG

 

 

0605 048.JPG

 

 

0605 049.JPG

 

 

0605 050.JPG

 

 

0605 051.JPG

 

 

・オランダ製 1900's中期頃

 

■大きい方のフォトフレーム

・サイズ:縦14cmx横9cm

・ST0582 ¥4,500- SOLD

 

■小さい方のフォトフレーム

・サイズ:縦5.2cmx横4.2cm

・ST0583 ¥2,800- SOLD

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

マリオネットの木製パーツ    Made in Holland

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木製マリオネットの手のパーツです。

 

手の甲にある紐を引くことで

手の関節を曲げることができます。

爪には赤い色が塗られ、

はたしてこの手の持ち主は

女性だったのか。

 

どんな物語に登場していたのか。

 

想像が膨らみます。

 

 

 

 

 

 

こちらは

同じくマリオネットの脚先のパーツです。

 

先の部分に飾りの付いた靴。

鳥の頭にもみえますが物語に関連しているか不明です。

 

どちらもオブジェとして、形のとても面白いものです。

 

 

 

・Netherlands 1900's前期

・サイズ:手/縦13cm×横4cm

    :靴/縦10cm×横3.5cm

・手/OR0397 ¥4,500- /1個(在庫/左手)右手はSOLD

・靴/OR0396 ¥4,200-

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

オランダ民族衣装の木製オーナメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0027.jpg

オランダ民族衣装の男女の木製オーナメント。

パイプをくわえたおじさんと、民族衣装を纏った女性。

 

 

 

 

DSC_0020.jpg

 

 

DSC_0024.jpg

女性の民族衣装は、肩の部分の尖った花柄の衣装にレースのスカーフのようなものを着ています。

 

ういう面白いものはオランダで見つけることが多いような気がします。

 

 

DSC_0021.jpg

 

DSC_0025.jpg

 

 

DSC_0019.jpg

 

 

 

 

 

DSC_0023.jpg

 

 

新しい木材で作ろうと思っても、なかなかこの雰囲気は出せない。

 

 

アウトラインがはっきりしているので、白い壁に飾るととても面白みが出ます。

洋服屋さんや、帽子屋さん、ディスプレイにいかがですか?

 

 

 

 

 

・Netherlands 1900's中期

・サイズ:縦約27cm×横約10cm

・女性OT1430-1 ¥4,300- 

・男性OT1430-2 ¥4,300- SOLD

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

サキソニー柄の平皿いろいろ

 

 

 

 

 

 

 

0602 003.JPG

 

 

 

 

引き続き・・・

春の買付けで仕入れてきたサキソニー柄の平皿と深皿のご紹介です。

 

 

 

 

 

■BOCH Copenhague 深皿(スーププレート) Belgium

 

0602 001.JPG

 

 

0602 004.JPG

 

 

0602 006.JPG

 

 

0602 007.JPG

 

 

 

 

 

 

■BOCH Copenhague 平皿(デザートプレート) Belgium

 

0602 009.JPG

 

 

0602 010.JPG

 

 

0602 012.JPG

 

 

0602 013.JPG

 

 

0602 014.JPG

 

 

 

 

 

■Winterling Bavaria 平皿(デザートプレート) Germany

 

0602 017.JPG

 

 

0602 018.JPG

 

 

0602 020.JPG

 

 

0602 021.JPG

 

 

BOCH Copenhague 深皿(スーププレート)Belgium 1960's

・サイズ:直径24cmx高さ4cm

・KT1699 ¥4,800- 在庫6(残り4)

 

BOCH Copenhague 平皿(デザートプレート)Belgium 1960's

・サイズ:直径20cmx高さ2.5cm

・KT1700 ¥4,100- 在庫8(残り4)

 

Winterling Bavaria 平皿(デザートプレート)Germany 1950's

・サイズ:直径19.5cmx高さ2cm

・KT1701 ¥4,700- 在庫5(残り4)

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

サキソニー柄のC&Sいろいろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き・・・

春の買付けで仕入れてきたサキソニー柄のC&Sのご紹介です。

 

 

 

 

■Winterling Bavaria C&S Germany

 

0601 024.JPG

 

 

0601 025.JPG

 

 

0601 026.JPG

 

 

0601 027.JPG

 

 

0601 028.JPG

 

 

 

 

 

 

■Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)C&S East Germany

 

0601 029.JPG

 

 

0601 030.JPG

 

 

0601 031.JPG

 

 

0601 032.JPG

 

 

0601 033.JPG

 

 

0601 034.JPG

 

 

 

 

■BOCH Copenhague C&S Belgium

 

0601 035.JPG

 

 

0601 036.JPG

 

 

0601 037.JPG

 

 

0601 038.JPG

 

 

0601 039.JPG

 

 

■Winterling Bavaria C&S Germany 1950's

・サイズ:カップ直径6.5cmx高さ6.5cm ソーサー直径13cm

・KT1694 ¥4,400- 在庫4

 

■Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)C&S East Germany 1960's

・サイズ:カップ直径8cmx高さ5.5cm ソーサー直径14cm

・KT1693 ¥4,600- 在庫4(残り2)

 

■BOCH Copenhague C&S Belgium 1960's

・サイズ:カップ直径9.5cm ソーサー直径15.5cm

・KT1692 ¥4,200- 在庫6(残り4)

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

サキソニー柄のオーバル皿いろいろ

 

 

 

 

 

 

 

0601 002.JPG

 

 

 

 

春の買付けでサキソニー柄の陶器をたくさん仕入れて参りました。

サキソニー柄と言えば、デンマークの ROYAL COPENHAGEN のブルーフルーテッドシリーズを思い浮かべます。これは元々ロイヤルコペンハーゲンが開窯した1775年より制作が開始された、一番最初のパターンでもあるからです。それ以来今日まで多くの陶器メーカーがこの柄の陶器を作り続けています。

 

フルーテッドは「縦縞の貝殻」とか「花麦藁」の意味。サキソニーはSaxony(Sax)、ドイツのザクセンの地名。

昔その地で染められた染料の青を「サクソンの青」サックスブルーといったのが語源だそうです。

またこの絵柄のデザインは古い中国から伝来したものと云われています。

 

サキソニー柄は日本でも陶器の定番デザインとなっており今でも大変人気があります。

今回はオーバル皿、深皿、平皿、C&S など色々買付けて参りました。

 

先ずは大好きなオーバル皿からご紹介いたします。

 

 

 

 

 

■Societe Ceramique Holland オーバル皿(大)

 

0601 003.JPG

 

 

0601 004.JPG

 

 

0601 005.JPG

 

 

 

 

■Ironstone Tableware C.P.Underglaze England オーバル皿(大)

 

0601 006.JPG

 

 

0601 007.JPG

 

 

0601 008.JPG

 

 

0601 009.JPG

 

 

 

 

■Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)1 Germany オーバル皿(中)

 

0601 011.JPG

 

 

0601 012.JPG

 

 

0601 013.JPG

 

 

0601 016.JPG

 

 

0601 017.JPG

 

 

 

 

■Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)2  Germany オーバル皿(中)

 

0601 018.JPG

 

 

0601 019.JPG

 

 

0601 021.JPG

 

 

0601 022.JPG

 

 

0601 023.JPG

 

 

■Societe Ceramique Holland  オーバル皿(大)

・サイズ:縦24cmx横32cmx高さ3.5cm

・KT1701 SOLD

■Ironstone Tableware C.P.Underglaze England  オーバル皿(大)

・サイズ:縦24cmx横31.5cmx高さ3cm

・KT1705 ¥15,000-

■Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)1 Germany  オーバル皿(中)

・サイズ:縦14cmx横23.5cmx高さ3cm

・KT1702 ¥4,800-

■Jäger Eisenberg(ジャガー・アイゼンバーグ)2 Germany  オーバル皿(中)

・サイズ:縦14.5cmx横23.5cmx高さ2.8cm

・KT1703 ¥5,400-

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

ベルギーのコンセント付き電球ソケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電球のソケット、陶器と真鍮で作られています。

真鍮部分を磨いてみました。あまり磨くとピカピカになってしまうので程よいところで止めてあります。

ソケットの口径は26Eですので、日本の電球をそのまま付けることが出来ます。

 

両サイドの2つ穴はコンセントの差込口で、プラグ形状はヨーロッパ式のCタイプになります。

試しに変換アダプターを使ってみましたが一応通電しました。

形状がかわいいので普通にランプを付けるだけでも十分素敵になります。

 

 

 

 

 

 

 

電球は日本製26Eを嵌めてみました。

 

 

 

電気をつなぐとこんな感じになります(イメージ)

 

・ベルギー 1900's中期頃

・サイズ:高さ8cm〜9cm(個体によって多少差異があります)

・OT0750 ¥2,500- 在庫4(残り3)

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

空飛ぶ青い眼の猫  Made in Holland

 

 

 

 

 

 

DSC_0024.JPG

 

空を飛ぶ青い眼の猫。

 

背中にはゴムが付けてあり、吊るしていたのか、持ち歩く用なのか

謎です。

 

 

 

DSC_0025.JPG

 

 

眼とヒゲはちょちょいと描かれています。

 

DSC_0022.JPG

耳はスカラップに縁取り。

なかなか和風な感じもする顔だちの猫ですね。

 

DSC_0023.JPG

 

 

・Netherlands 1900's中期

・サイズ:全長25cm×高さ13cm

・OR404 SOLD   おうちが決まりました。

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

ドアノブ 陶器製 楕円形  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

0601-2 003.JPG

 

 

 

 

先日の買付けで久しぶりに良さげなドアノブを3つ見つけたので仕入れてきました。

ハンドル部分は乳白色の陶器製、金物部分は真鍮製になります。芯棒(スピンドル)は穴あきタイプで6mm角。

台座(バックプレート)は付いていませんので、ドア厚に合わせてホームセンターなどで別途ご購入下さい。

詳細寸法は下記の写真をご確認頂ければと思います。3つ共ほぼ同仕様、同サイズになります。

 

 

 

0601-2 004.JPG

 

 

0601-2 005.JPG

 

 

0601-2 009.JPG

 

 

0601-2 010.JPG

 

 

0601-2 012.JPG

 

 

0601-2 014.JPG

 

 

0601-2 015.JPG

 

 

・France 年代不明

・サイズ:ハンドル部:4.1cmx6.3cmx出幅4.3cm

・OT1427 ¥5,200- 在庫3

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて