BOCHサキソニー柄の平皿  Made in Belgium

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BOCHサキソニー柄の平皿

 

サキソニー柄と言えば、デンマークの ROYAL COPENHAGEN のブルーフルーテッドシリーズを思い浮かべます。これは元々ロイヤルコペンハーゲンが開窯した1775年より制作が開始された、一番最初のパターンでもあるからです。それ以来今日まで多くの陶器メーカーがこの柄の陶器を作り続けています。

 

フルーテッドは「縦縞の貝殻」とか「花麦藁」の意味。サキソニーはSaxony(Sax)、ドイツのザクセンの地名。

昔その地で染められた染料の青を「サクソンの青」サックスブルーといったのが語源だそうです。

またこの絵柄のデザインは古い中国から伝来したものと云われています。

 

サキソニー柄は日本でも陶器の定番デザインとなっており今でも大変人気があります。

他にもオーバル皿、深皿、平皿、C&S など色々買付けて参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■A

A-1.JPG

表面全体に細かいリブが入っています

 

A-2.JPG

 

■B

B-1.JPG

 

 

B-2.JPG

 

 

A,Bの裏面刻印

 

 

 

■C

C-1.JPG

こちらはリブなしのプレーンタイプ

 

C-2.JPG

 

■D

D-1.JPG

 

 

D-2.JPG

 

 

C,Dの裏面刻印

 

 

 

 

 

 

BOCH Copenhague 平皿(デザートプレート)Belgium 1960's

・サイズ:直径20cmx高さ2.5cm

・KT1700 ¥4,100- 在庫8(残り4)

※A,B,C,D、共同じ価格です。

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琺瑯製ホワイトポット菱形模様  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

0718 168.JPG

 

 

 

 

 

北フランスで見つけてきた琺瑯製のポット。

リム下に描かれたひし形模様と流線の流れるブルーの色とデザインがとても気に入りました。

もともと蓋は付いていませんでした。

お花飾りに使って頂ければと思います。

 

 

 

 

 

0718 167.JPG

 

 

0718 173.JPG

 

 

0718 169.JPG

 

 

0718 172.JPG

 

 

0718 174.JPG

 

 

0718 176.JPG

 

 

0718 177.JPG

 

 

0718 171.JPG

 

 

 

・France 1900's中期

・サイズ:底部直径10cm上部直径13cmx高さ19cm

・KT1710  SOLD

 

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tsubame Markt 5th Anniversary 第2弾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tsubame Markt 5th Anniversary 第2弾 のお知らせ

 

オンラインショップ送料無料キャンペーン!

 

 

連日の猛暑日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

7月に入って本当に毎日暑い日が続きますね。

この暑さでは外出するのも嫌になってしまいます。熱中症など身体の危険を感じてしまいます。

 

当店では今、この暑い日にもご自宅でゆっくりアイテムをご覧頂けるよう、ブログとオンラインショップのより一層の充実を図っています。そしてより見やすい写真の撮りなおしてを進めています。

 

加えて当店のオープン5周年記念企画第2弾として、オンラインショップでの送料無料サービスを実施致します。

これを機に、日頃のオンラインショップバイヤーのお客様をはじめ、多くの皆様に是非ご利用頂ければ幸いです。

 

 

■キャンペーン期間:7月21日(土)〜8月20日(月)ご注文分まで

 

 

これからもどんどんブログ、オンラインショップ、SNSに商品をアップして参ります。

よろしければ是非ご覧ください。

 

Tsubame Markt online shop

 

Tsubame Märkt

 

 

 

 

 

 

 

 

BROOKS B17S Ladies Standard Saddle  Made in England

 

 

 

 

 

 

 

0718 227.JPG

 

 

BROOKS B17S Ladies Standard

 

当店のマストアイテムのひとつ、革製ヴィンテージサドルですが、最近なかなか入手出来なくなってきました。

B17はBROOKS社が1898年から作り続けているブルックスクラシックの定番モデルです。

 

ブラックフレームと小さな鋲打ちが特徴で、古くからこの形で作られています。

横幅が広く全長が短い女性用のサドルです(勿論男性が利用することもあります)

 

革のサドルと聞くと堅そうなイメージがありますが、実際に使ってみるとお尻にフィットしてとてもいい。
私も西友で買った自転車に無名の古い革製サドルを何年も使っています。

 

自転車はサドルを変えるだけでも、とてもお洒落に生まれ変わります。

フランス、オランダなどでも、お洒落に自転車を乗りこなしている人は革製のヴィンテージサドルを使っています。
他にも数点革製ヴィンテージサドルを在庫しています。是非一度試してみてください。

 

 

 

 

 

0718 228.JPG

 

 

0718 231.JPG

 

 

0718 232.JPG

 

 

0718 233.JPG

 

 

0718 234.JPG

 

 

・England

・サイズ:全長24.5cmx幅17cmx高さ約7cm

・OT1376 ¥11,500- 

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティーク デルフトタイル Delft blue  Made in Netherlands

 

 

南オランダの古窯の街デルフト、この地で焼かれた陶器をデルフト陶器 Delfts blauw と云います。

デルフトタイルは16世紀後期頃にはすでに製造されていました。

その特徴は深みのある独特のデルフトブルー Delft blue の色合いにあります(多色の物もあります)

17世紀当時デルフトに住んでいた画家、フェルメールの絵の中にも、デルフトタイルをよく見掛けることが出来ます。

 

 

■ふたりの神父

0718 203.JPG

 

2人の神父が取っ組み合い?をしている絵柄

四隅にはクモの頭をモチーフにしたデザインが描かれています。

 

0718 209.JPG

 

 

0718 206.JPG

 

 

0718 205.JPG

 

 

 

 

 

■鹿

0718 211.JPG

 

鹿をモチーフにした動物紋様のデザイン

四隅にはオックスヘッド(牛の頭)をモチーフにしたデザインが描かれています。
 

0718 217.JPG

 

 

0718 214.JPG

 

 

0718 212.JPG

 

 

 

 

 

■ツバメ

0718 219.JPG

 

当店と同じツバメが水辺を飛んでいる姿をモチーフにした鳥紋様のデザイン

四隅にはクモをモチーフにしたデザインが描かれています。

 

0718 223.JPG

 

 

0718 222.JPG

 

 

0718 220.JPG

 

 

 

 

・オランダ

・サイズ:5インチ(約13cm)角

 

■ふたりの神父

・1800's

・OT1302 ¥7,000-

■鹿

・1680's

・OT1304 ¥16,000-

■ツバメ

・1690's

・OT1303 SOLD

 

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

オランダの古い真鍮製ノギス 

 

 

 

 

 

 

 

0711-2 166.JPG

 

 

 

 

 

ノギスは買付けに行くと必ず探してしまうアイテム。

古道具の真骨頂のようなアイテムと自負しております(笑)もともと古い鉄製品が好きなんですね。

 

ノギスは17世紀にポルトガルの数学者ペトルス・ノニウスによって発明されたと云われています。

その後、フランス人数学者ピエール・ヴァーニャによって現在の形が完成しました。

ドイツ語ではそのまま「ノニウス」と呼ばれているそうです。

日本で「ノギス」と呼ばれているのは、発明者のノニウスが訛った呼び方だそうです。

 

こちらは鉄と真鍮で組立てられたノギスで、スチール製の本尺が真鍮製のケースの中に納まる構造になっています。

単位はセンチメートル(cm)、ジョウ(外側測定面)部では、8.5cmまで計れます。

真鍮の本体部にも目盛りが刻まれていますので、定規として使用出来ます。全長はぴったり15cmです。

しかもこのノギスは両面に目盛りが打ってあるので、とても使いやすいです。

 

私も持っていますが商品の寸法を測る時、ノギスって一本持ってるととても便利なんですよ。

それが100年以上も前に作られた古いノギスだと、なおさら古道具屋冥利に尽きます。

 

 

 

 

0711-2 168.JPG

 

 

0711-2 164.JPG

 

 

0711-2 161.JPG

 

 

0711-2 160.JPG

 

 

0711-2 159.JPG

 

 

0711-2 157.JPG

 

 

 

・オランダ 1800's後期

・サイズ:L=15cm

・OT1423 ¥8,500-

 

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀のフランスの古いタイル  フルール・ド・リスのモチーフ

 

 

 

 

 

 

0718 164.JPG

 

 

0718 165.JPG

 

 

 

 

 

買付けに行くといつも青くて古いタイルを捜しています。そして必ずいくつか何とかして見つけて来るようにしています。

漸く北フランスの街で見つけてきました。

 

こちらは北フランスの古窯 Dèsvres(デヴル)という街で作られました。

デヴルは、Pas-de-Calais(パ・ド・カレー)という自治体にある、ローマ時代から続く古窯の街。

1804年創業の Fourmaintraux Freres社 で1860年頃製造されたタイル。

 

デザインは2種類あり、どちらもフルール・ド・リスをモチーフにしたものになります。

当時の刻印も裏面にしっかり残っており、希少な一品です。

 

 

 

 

■デザインA

0718 151.JPG

 

 

0718 154.JPG

 

 

0718 155.JPG

 

 

 

■デザインB

0718 157.JPG

 

 

0718 159.JPG

 

 

0718 161.JPG

 

 

 

0718 158.JPG

 

 

 

■デザインA

・France 1860's

・サイズ:110mm角x厚み9mm

・OT1366 ¥4,000-(在庫3)残り1

 

 

■デザインB

・France 1860's

・サイズ:110mm角x厚み9mm

・OT1366 ¥4,000-(在庫1)

 

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

木製金彩フレームの鏡  Made in France

 

 

 

 

 

 

0718 044.JPG

 

 

 

 

 

フランスで買付けた木製枠に金彩が施された壁掛け鏡。

サイズは縦35cm×横28cm位で顔を見るのにちょうど良いサイズです。

こちらの鏡は当時のままの物になります。

 

買付けた当初は埃と汚れがかなりありましたが、日本に帰ってから綺麗に手入れしてあります。

あまり綺麗にし過ぎるとアンティーク感が損なわれるのでこの位にしてあります。

1900年代前期頃の物のようですが少し煤けたような金彩がとても素敵です。

部分的に金彩の剥がれた跡などは見受けられますが、全体的に状態は良好です。

 

鏡としてもそうですが、白い壁に掛かるインテリアとしてもパリのアパートメントのような趣です。

自宅の玄関ホールに掛けてお出掛け前の最終チェックや、店舗でのご利用にも使えます。

 

 

 

 

 

 

0718 041.JPG

 

 

0718 046.JPG

 

 

0718 047.JPG

 

 

0718 049.JPG

 

 

0718 050.JPG

 

 

0718 051.JPG

 

 

0718 053.JPG

 

 

・France 1900's前期頃

・サイズ:縦34.7cmx横28cmx奥行3.5cm

・OT1443 ¥8,500-

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

Antique Diamond tipped Glass cutter Made in England

 

 

 

 

 

 

 

0718 116.JPG

 

 

 

 

 

前回の買付けで見つけてきた初アイテム。

1900年代前後のイギリス製ダイヤモンド・ガラス・カッターを2つご紹介します。

真鍮部分に製造メーカー名の刻印が打たれています。それぞれ異なるメーカーですがどちらも詳細は判りません。
 

 

 

 

 

■BUSH&CHIPPER MAKERS LONDON0718 087.JPG

 

 

ANTIQUE GLASS CUTTER BUSH & CHIPPER MAKERS LONDON

ロンドンのブッシュ&チッパー社製、ローズウッドのハンドルに真鍮のジョイント。

刃先にはダイヤモンドが埋め込まれています。

 

 

0718 088.JPG

 

 

0718 092.JPG

 

 

0718 113.JPG

 

 

0718 115.JPG

 

 

0718 118.JPG

 

 

0718 120.JPG

 

 

 

 

 

■SHARRATT&NEWTH LONDON0718 094.JPG

 


ANTIQUE GLASS CUTTER SHARRAT & NEWTH LONDON

ロンドンのシャラット&ニュース社製、ウォールナットのハンドルに真鍮のジョイント。

刃先にはダイヤモンドが埋め込まれています。

 

 

 

0718 095.JPG

 

 

0718 096.JPG

 

 

0718 097.JPG

 

 

0718 102.JPG

 

 

0718 103.JPG

 

 

0718 108.JPG

 

 

 

■BUSH&CHIPPER MAKERS LONDON

・England 1850-1894's

・サイズ:L=18.5cm

・OT1417 ¥12,000-

 

 

 

■SHARRATT&NEWTH LONDON

・England 1910-1920's

・サイズ:L=16cm

・OT1416 ¥9,500-

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

French Eglomise Bonbonniere    Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

French Eglomise Bonbonniere

 

1800年前期頃に作られたお菓子のbonbonを入れる小さなボンボニエール

 

ボンボニエールは、ボンボンやドラジェなどのお菓子や、香辛料を入れる菓子器のこと。

13世紀にはすでに、こういったお菓子や香辛料を提供するドラジュワールが存在していました。

今でもヨーロッパでは子供の誕生祝いや、結婚のお祝いなどには砂糖菓子が贈られます。

 

ボンボニエールやドラジュワールなどの菓子器も、記念品として装飾性の高いものが多く生まれました。

18世紀には細工の施された、より装飾性の高い菓子器が多く生み出されました。

こちらはまさにその頃の物と思われます。

 

ガラスの蓋面に細かな絵が描かれており、

その中にはEglomise(エグロミゼ)と呼ばれる金彩を用いた絵付けの手法も施されています。

 

 

 

 

 

 

 

内部は紙製で、側面は真鍮を巻いて作られています。

 

 

まだあどけない表情の女の子の絵。

 

大事にしている指輪やネックレスなどを

そっと仕舞う時に

お使いになるのはいかがでしょう。

 

 

・France 1800's前期

・サイズ:直径4.5×高さ1.5cm

・OT1439 ¥16,000- 

 

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について