2013年秋 買付けの旅 4日目 ドイツ ベルリン

2013年秋 買付けの旅 4日目
10/5(土)
さぁいよいよ今日からウィークエンド。私たちの買付けの旅の前半戦の山場に入ります。

まずはベルリン西の6月17日通りの蚤の市に向かいます。ここはアレクサンダープラッツ駅から電車(Sライン)で一本。5駅目のTIERGARTEN駅で下車。
ハンザフィアテル地区で週末行われる蚤の市。ベルリン動物園のソバに有ります。



規模もそこそこでお店も品揃えも豊富でちゃんとしてます。
今日は天気も良く温かい日だったのでたくさんの人で賑わっていました。


2時間の予定がいきなり3時間も居ちゃいました。

次に向かったのはフェアベリーナプラッツの蚤の市。
こウィルマースドルフ地区に有ります。Uライン(地下鉄)のフェアベリーナプラッツ駅を出てすぐの所。

ペリューベン公園の一角で週末にこじんまりと行われている蚤の市。
比較的小さい規模なので和やかでゆったり見れてイイです。

内容はアンティークなモノと日用雑貨や古着も有り、平均的な蚤の市といった感じ。
天気の良い日にお散歩がてらに立ち寄ったりするには最高ですね。

さて、こちらでもいい感じで買い付け完了。ここを出たのがもう3時前。
時間が予定より大幅に遅れてしまいました。

急いで次の目的地、シェーネベルグ市庁舎前の蚤の市に向かいます。
フェアベリーナプラッツ駅から3駅先のBAYERISCHER PLATZ駅を下車、徒歩15分位の所。

駅のプラットホームには昔の駅の写真がずらっと飾られています




ここはまさにガラクタ市。ブリュッセルのジュ・ド・バルの蚤の市によく似ています。
ディーラーもアラブ系の人が中心。掘り出し物を見つけたら…すごいデス!
ただし雑然と積まれた中からお宝を見つけるのは大変な労力と時間が必要です。


その昔J.F.ケネディ大統領がココで演説をしたそうです
そのためここはJ.Fケネディ広場とも呼ばれています


私たちも残り僅かな時間でビックリするモノを掘り出してきましたよ!
これは日本に戻ってから乞うご期待!

ここでもう5時を過ぎてしまいまた。昼も食べずに頑張りましたが今日はここまで!
出来ればもう1か所行きたい所があったのですがタイムアップになってしまいました。


でも今日はドイツらしいかわいい、チャーミングなモノをたくさんゲット出来ました。
中でもバウハウスデザインの『Teeservise』透明ガラスでフォルムのデザインがとても美しいカップ&ソーサです。
デザインはバウハウスのデザイナー、WILHEM WAGENFELD(ウィルヘルム・ワーゲンフェルド)
これは素敵デス!

Bauhaus Designの『Teeservise』



他にも古い黒革の列車車掌用のがま口の鞄、かわいいアンティークボタン、バッカリーの小物入れ等々。。。
納得のいく買い付けができました。また皆さんにお披露目するのが楽しみになってきました!


列車の黒革車掌用のカバン1920年代



気が付くとベルリンの南まで来てました。
今日はこの後電車を乗り継ぎホテルへ戻り荷物の片付けしたいと思います。
 

2013年秋 買付けの旅 3日目 ドイツ ベルリン

2013年秋 買付けの旅 3日目
10/4(金)
今日は昨日買い付けたモノをベルリンからDHLで日本に発送してみる事にします。
国際郵便や国際宅急便は国によって結構異なります。郵便局がしっかりしている国もあれば全く逆の場合もあります。
私たちも国によって色々発送の仕方を変えています。皆さんもご注意ください。


今回ドイツから荷物を発送するのは初めて。ちゃんと送れるか試しておかないと心配です。
DHLの親会社がドイツ国なので郵便局へ行けばDHLのカウンターがあります。
今回は比較的順調に受付出来ました。船便だと約2〜3週間、航空便だと約1週間とほぼ2倍でした。
金額も約倍かかります。
私たちは1週間後だとまだ帰国していないので船便で発送することにしました。


郵便局の傍で見かけたFIAT500 大好きな古いモデル

スタンダードなホワイト色がとても素敵です




さて、今日はその後ベルリンのミッテ地区に行ってみたいと思います。
ミッテ地区はアレクサンダープラッツから徒歩で15〜20分くらいでしょうか、何とか歩ける範囲です。
ミッテ地区には20近い『Höfe』ホフというものが有ります。
ホフと云うのはヨーロッパによく見られる中庭を囲んで繋がっている集合住宅のこと。
元々は職人用のアトリエでしたが今は店舗が入って居るケースが多く見られます。
そこには、ギャラリー、雑貨店、靴屋、カフェ、シアターなどの個性的な店がたくさん入って居ます。



ミッテ地区界隈

ホフの中側。住居と緑がたくさんあり美しい中庭が。。。

中庭や回廊に面した住居のエントランス 外灯にはレトロな部屋の番号がついています

その中でも最も美しいと言われている『Hackesche Höfe』(ハッケシェ・ヘーフェ)と云うホフ。

ベルリンの街にはもちろん道沿いの路面店もたくさんありますが、
そういった
『Höfe』ホフもたくさんあります。
表参道の同潤会アパートのようなモノですね。
素晴らしいのは、パティオとSHOPとプライベートの共存。
もちろん上階は一般の人が住居として使用しています。
エクステリアのしつらいを
自然なカタチを活かしながら、
生活や子供の遊ぶ場所も考慮して素敵に空間を作っています。





入口はほんとに小さな路地のような感じ


中に入るとこんな空間が現れます。

『ハッケシェ・ヘーフェ』

パティオに面してカフェがあります


1907年に造られたユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)様式の建物


中には必ずパティオ(中庭)がありベンチや水場があったりします


建物のあちこちにある壁一面に生える蔦。
自然のディスプレイが本当にきれいでした



ホフの中にはこんな賑やかなところもあります

中庭のベンチで休憩

ホフの中はいくつかのエリア(ゾーン)に別れていて、知らず知らずの間に
迷子になってしまいます

建物には自然のつたが絡まりとても美しいです




ドイツメイドの靴屋さん『trippen』も入ってます
独創的なデザインの革靴が素敵です


「アンペルマン」のお店のサイン。この先にSHOPがあります。
奥の照明がアぺルマンの形になっています。
「アンペルマン」は旧東ドイツ時代にベルリンで生まれた歩行者用信号のマーク。

帽子を被り歩いている姿がとてもチャーミング

今でもベルリンの街の信号機で多く見ることができます


「アンペルマン」ショップのエントランス
中ではアペルマンを模ったグッズが所狭しと置かれていました。
お土産に最適かも。。。


別のホフで見つけたお店
印刷屋さんのようですが中にはステーショナリー系の気になるアイテムが・・・


ペーパーやスタンプなど印刷に関するかわいいアイテムを発見しました


その後ミッテ地区をぶらぶらしながらホテルへ


看板もサインもかわいい
R.S.V.P というステーショナリーのショップ ミッテ地区の裏手にあります


PAPIER IN MITTE

ここからはベルリンの街で見かけた、かわいい写真をすこし載せたいと思います

古いBMWの車 独特のオレンジ色で道端に置いてあっても存在感あります


BMW1802 1971年に造られた車 約40年前くらいでしょうか?
丸あるいテールランプとシルバーのモールが何とも言えませんね


レトロ感たっぷりですね。。。


またまた古いチンクエ(FIAT500)


今度は黄色です。。。かわいい!


ベルリンはオランダに負けない自転車大国
しかもかわいいのがたくさんあります。

革のサドルはイギリス製『brooks』の1966年モノ
実は私も使ってます。
自転車のサドルは当店の必須アイテムのひとつ
お店にたくさん置いてありますのでぜひ見に来て下さいね。


旧東ドイツ時代の名残のお店
ベルリンはドイツの首都ですが、今でもこういった旧ソ連の面影がよく見られます


ペットショップ


かなり古い建物 デザインからして戦争で残った建物でしょう


ワーゲンワゴン


横から見た感じがいいですね。ベージュのツートーンもかわいい


PEUGEOT504 1970年代の車です(1968年〜)
比較的新しいイメージですがそれでも40年も前の車です

 
ヨーロッパに行くと古い車の写真を撮るのも楽しみのひとつ
別に車に詳しいわけではないのですが・・・


夕方5時過ぎのベルリン テレビ塔がひと際空に向かって伸びています


駅前の屋台。今日も賑やかです。

お菓子屋さん 日本のお祭りでも見かけるリンゴ飴が売っててビックリ!

メリーゴーランドは夜中でもやってます


時計台の下はビアバー こちらでは屋台でもビールはジョッキで出してくれます。
ジョッキを返却すると2€返金してくれますよ。
今日はこのままアレクサンダープラッツ駅前の屋台で食事にします。

2013年秋 買付けの旅 2日目 ドイツ ベルリン

2013年秋 買付けの旅 2日目
10/3(木)
昨晩23時頃ベルリンのホテルに無事到着!今回は特にトラブルも無く来れました。
ホッ(^。^)
前回は搭乗後、飛行機が飛ばなくて(アエロフロートの機体電気系統のトラブルのため成田のANAホテルに1泊)
えらい目に会いましたからね…

さて、今日から買付けの為しばらくベルリンに滞在します。
ベルリンに来ての1番の感想は、とにかく「寒い!」ということ!
10月の初旬にして東京の12月と同じ位の寒さです。

アレクサンダープラッツ 向こうに見えるのは有名なテレビ塔

参考までに今の私の服装は、上はヒートテックのアンダーシャツに長袖のシャツ、ウールのカーディガン、マフラー、UNIQLOのダウンジャケット、下は同じくUNIQLOの防風パンツに山用の靴下。しかもダウンはお尻まで隠れる長いやつ。
これでも寒い位です。

この時期ベルリンに来られる方は、防寒対策は十分にして来て下さいね。
体感温度が低いと動くのイヤになったり、風邪などひいたら折角の旅行が台無しになりますからご注意を!

さてそんな寒い寒いベルリンですが10月3日はドイツの東西統一記念の日。国の祝日です。
いたる所でお祝いのイベントが催され活気づいています。
これに合わせて『オクトーバーフェスタ』というのをやっていて、私たちが宿を取ったアレクサンダープラッツでも夕方には駅前には連日屋台が立ち並んでいました。

今回私たちはそのイベントのひとつであるベルリンのオストバーンホフの大蚤の市に行くこと。
今回の買付けの大きな目的のひとつでもあります。


アレクサンダープラッツ駅
アレクサンダープラッツ駅から会場までは電車で2駅



オストバーンホフ駅
オストバーンホフとはベルリン東駅のこと


駅プラットホーム 電車がかわいい


駅を出るとすぐに案内看板が。。。


そして駅前はもうお店がいっぱい
ここはアンティーク、ブロカントが中心のプロのディーラーの市ですが、
今日だけは一般の参加も許可されていて古着や生活雑貨なども有ります。


駅の北口を出るといきなり、露店が所狭しと立ち並んでいます。
数えられないほどの物凄い店舗です。これは噂に違わずすごい規模です。


ドイツ各地からお客さんがやってくるようです


ドイツに限らずヨーロッパ各地からのアンティークが並んでいます

アンティーク・ベア 長い間大切にされてきたのでしょうね


駅前が広い公園になっていてとにかくすごいひと


ベルリンの人たちもブロカントやアンティーク大好きなようです

夕方まで開催しているので時間は十分あります。それでもこれだけの規模だと昼食を取ってる余裕はありません。
朝9時〜夕方5時まで約8時間かけてほぼ全てを見て回り買付け完了しました。買付けが終了した時にはもうグッタリ。

でもお陰でかわいいブロカントがたくさん見つかりましたよ!
買い付け初日から皆様に早くご披露したいモノがたくさん手に入りました!
疲れたけど楽しかった〜(^-^)っと買付け初日は満足感でいっぱい。

買付けが終わりカートとリュックに荷物一杯にして宿泊先のアレクサンダープラッツに戻って来ました。
ココは今のベルリンの中心地のミッテ地区という所にあります。
ミッテ地区は日本でいえば渋谷、青山、原宿といった感じでしょうか。

今日からしばらくの間、統一記念のお祝い(オクトーバーフェスタ)で
駅前にはたくさんの露店と移動式遊園地で賑わいます。


移動式メリーゴーランド

私たちが戻って来た夕方時には地元のベルリナーが家族連れ、恋人同士でビールにソーセージ、
ポテトにピザ片手に歌えや踊れや大騒ぎして楽しんでいます。でも楽しそう〜( ̄▽ ̄)


向こうにあるのはムーランルージュを模したBeer Bar


家族ずれのベルリナーがいっぱい集まっています

東ドイツ時代の世界時計が広場の真ん中にあります

さて私たちもこれから夜の部に参加したいと思います!
ソロソロ晩飯にしますか!今日は食うゾー!(^-^)

 

2013年秋 買付けの旅 1日目 ドイツ ベルリン

2013年秋 買付けの旅 1日目
10/2(水)
今回の買付けはドイツ、ベルギー、オランダに行ってまいります。
時間が取れればフランス、ルクセンブルクまで行ければと考えています。
飛行機はトルコ航空でイスタンブール経由で行くことになりました。
チェックインの時知ったのですがトルコ航空はリコンファームが必要らしい。最近では珍しいですね。

11:40出発が40分遅れて12:20頃の出発。これからイスタンブールまで約12時間のフライトです。
時差マイナス6時間なので現地時間で18:00pmイスタンブール到着予定。実際には30分くらい早く到着しました。
イスタンブールでのトランジットは約1時間しかないので結構忙しそう。

イスタンブール空港内

19:00イスタンブール発、20:55(現地時間)ベルリン、テーベル空港に到着。
時差がマイナス1時間ありますので約3時間のフライト。
全行程16時間になりました。

トランジットでは電光掲示板を見てどのゲートかチェックします

テーベル空港はこじんまりした空港であまり空港という感じがありません。
日本のターミナル駅といった感じです。預けた荷物をピックアップして空港を出たのが午後10時を過ぎていました。

ようやくベルリンのテーベル空港に到着

今回ホテルはベルリンのアレクサンダープラッツ駅の近くに予約をしました。
空港を出たらTXLバス乗り場に行ってアレクサンダープラッツまでのチケットを自販機で購入。
これは空港とベルリン市街を行き来するシャトルバスです。
バスに乗って空港から30分くらいでしょうか。ベルリンの街が見えてきました。
途中中央駅やブランデンベルグ門を通過してアレクサンダープラッツ駅へ到着。
駅からホテルまでは歩いて10〜15分くらい。

ベルリンに到着して一番の感想は寒い!まだ10月の初めだというのにこんなに寒いとは思わなかった。
夜だから寒いのでしょうか?明朝からが楽しみです。
今日はフライトの疲れと時差ボケ解消のため早々に休むことに。。。
床に就いた時にはもう12時を回っていました。
明日は早速早朝からオストバーホフの大蚤の市に向かいます。

 

フランスB.B社製ホーローキャニスター

秋の買付けより戻り、本日よりお店を再開いたしました。
今回はドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグの4か国を渡り歩いてまいりました。
超ハードスケジュールでしたが、素敵でチャーミングなブロカント、アンティークなものを見つけてまいりました。
これから準備が整い次第少しずつお店に展示してまいります。
今回買い付けたものは随時、本ブログでも紹介してまいりますのでぜひご覧いただければと思います。

本日は今回の掘り出し物のひとつのB.B社のキャニスターをご紹介いたします。

■フランスB.B社のホーローキャニスター6点セット
B.B社のホーローは日本でも非常に人気が高く、
いい状態のモノはなかなか見つけることが困難なアイテムです。
白地にブルーのストライプがとても美しいホーロー製のキャニスターです。


左から『Farine』小麦、『Vermicelle』細麺、『Riz』お米


左から『Chicoree』チコリ、『Cafe』コーヒー、『Sucre』砂糖


全部で6点セットになります。
この状態で6点揃っていることは非常にめずらしい大変掘り出し物だと思います。


1930年代の古いモノですがとてもいい状態です。


ホーローのブルー色は本当に美しく、いつまでもきれいに使えるモノです。
サイズは、直径11cm、高さ17cmの円錐形。すべて同サイズになります。

・6点セット・・・40,000円、 各1点・・・・・6,950円

 

明日(10/18)からお店再開します

本日、買付けの旅より帰って参りました。
お休み中は色々ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


明日、10月18日(金)12:00pmよりOPEN いたします。
よろしくお願いいたします。

ツバメ・マルクト 店主

ベルリンのホフ Hackesche Hoefe

Hackesche Hoefe  ハッケシェ・ヘーフェ

今日はベルリン2日目。ミッテ地区に行ってみたい思います。
ミッテ地区はベルリンのファッションやデザインのトレンドの地域。
ベルリン、ミッテ地区には『ホフ』と云うヨーロッパによく見られる中庭を囲んだ集合住宅がたくさんあります。
その中でも1階を店舗やカフェするケースが多く見られます。


ミッテ地区にはそのようなホフが20近く有ります。
その中でも最も素敵で美しいと言われているのが、『ハッケシェ・ヘーフェ』と云う名前のホフ。


道路に面した小さな路地を入るとそこには驚くような素敵な空間の中庭(パティオ)が現れます。


 そこには、ギャラリー、雑貨店、靴屋、カフェ、シアターなどの個性的な店が協調同居しています。
素晴らしいのはパティオとSHOPの共存。
緑やエクステリアを駆使してごく自然なカタチを活かしながら素敵な空間を作っています。


『trippen』はドイツを代表する靴メーカー。
靴という概念をこえた斬新なデザインの革靴が素敵です。

 

買付けの旅に行ってきます!

■臨時休業のご案内 


オランダの小さな白い革靴

先日ブログにてご案内させて頂きましたが10月2日(水)から買付けに行ってまいります。
ヨーロッパを数か国まわってくる予定です。
その間、お店とONLINE SHOP はお休みとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

■ 臨時休業日  10月2日(水)〜10月17日(木)

前日のは渡航準備のため営業時間を少し変更させて頂きます。
 □10月 1日(火)11:00〜18:00  OPEN
 □10月18日(金)12:00〜20;00 通常通り営業再開予定

現地でまた素敵なブロカントを見つけてまいります。
今回買い付けてきた商品は準備が出来次第、お店に展示してまいります。
都度ブログ等でご案内していければと思います。
またのご来店心よりお待ち申し上げます。

先日スペインから素敵な映像を見つけてしまいました!
ヨーロッパではクラシックの野外コンサートはよくありますが
こんなのも心温まる演出ですよね。
よかったらぜひご覧になってみて下さい。こちらをクリック


それでは行ってまいります!

Tsubame Markt 店主

かわいいブローチたち

 ツバメ・マルクトはブロカント雑貨のお店ですが、ヨーロッパでかわいいアクセサリーも買い付けています。

今日はその一部をご紹介します。ツバメ・マルクトで買い付けてくるのは、金、銀細工のアクセサリーよりはセルロイド製、鉄製のモノが多いです。古いモノですが普段気兼ねなく使って頂けるようなモノを探しています。年代もまちまちですが50〜60年前頃のモノが多いです。


■オランダ製 ツバメのブローチ


オランダ製のツバメのブローチ
樹脂製ですが素材は判りません。
40〜50年くらい前のもの思われます。

サイズは縦横4cmくらいの小さなものです。
羽を広げて飛んでいる姿が自由でいいですね。

カラーはパープルとイエローが各1個ずつです。


パープル


イエロー。。。微妙に形が違います。。。



■フランス製お花と女の子のブローチ


フランス製のかわいい女の子のブローチです。
1960年代のアクセサリーで、セルロイド製になります。

上部の3つ横に並んだお花のバーにリングで小さな女の子がぶら下がっています。
 黄色い短いワンピースがとてもチャーミング。

サイズは横4.5cm、縦6.0cm


ブルーグリーンのお花




ピンク色のお花




木の上に置いてみました



■森の中の鹿のレリーフのブローチ


フランス製のかわいい鹿のブローチです。
1950年代のアクセサリーで、セルロイド製になります。

サイズは、横4cm、縦3cm



森の中の鹿をそのままレリーフにしたようなブローチです。
自然な鹿の動きや周囲の景色がとても絶妙に彫り込まれています。

お店に展示していますが、ONLINE SHOPにも掲載しております。


臨時休業のお知らせ

 ■臨時休業のご案内
10月2日(水)〜10月17日(木)まで臨時休業させていただきます。



10月2日(水)〜10月17日(木)まで買い付けの旅に行ってまいります。
その間、お店とONLINESHOPはお休みとさせていただきます。
ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

10月18日(金)よりお店、ONLINE SHOPとも通常通りの営業とさせていただきます。

『かわいい!』『チャーミング!』とみなさまに言って頂けるような素敵なブロカント雑貨をたくさん探してまいります。

また、買付けリクエストご希望のお客様はご遠慮なくお申し出ください!
『こんなものがあれば欲しい!』『こんなもの買って来て!』等々なんでも結構ですよ。
すでに数件のリクエストをおうかがいしています。
メールでもお店に来て直接でも結構です。心よりお待ちしております。

買付け後、お店には準備ができ次第展示して参りたいと思います。
またその都度ブログにてご案内して参りますのでよろしくお願いいたします。
みなさまのご来店心よりお待ちしております。



Tsubame Markt 店主