バルクヘッドランプ 白と焦げ茶

 

 

 

 

 

バルクヘッドライトは工場やラボ(作業場)などで使われていた屋外用の照明。

元々バルクヘッドとは船倉と荷室の仕切りなどのことをいいます。
船舶などでも使われいてマリンランプとも呼ばれています。

 

半透明リブガラスのタイプ。ベースがホワイトのモノとこげ茶色の2種類があります。
ベース部分は焦げ茶はベークライト製、白は樹脂製、
両端にボルト用の穴が開いていて壁に掛けることもできます。

電球は日本製のモノが使えます。コードは日本製のモノを付けています。どちらもスイッチ付。

ビンテージ商品のため保証はありません。

 

 

 

 

 

■ベースがホワイトのモノ

 

 

 

 

 

・フランス 1960年代

・サイズ:縦180cmx横120cmx高さ100cm コード1.5m

・OT0900 ¥7,500-

 

 

 

 

 

 

■ベースがこげ茶色のモノ(ワイヤーカバー付)

 

 

 

 

 

 

・オランダ  1960年代

・サイズ:縦180cmx横120cmx高さ100cm コード1.5m

・OT0899 ¥12,000-

 

 

商品のご購入お問合せについて

 

 

 

 

 

 

コメント