メロン色の美しい wine glass  Made in France

 

 

 

 

 

0718 007.JPG

 

 

 

 

 

メロン色をしたグラスはいかがでしょう

 

こちらはウランガラスで作られたワイングラス。

ウランガラスは19世紀の初め頃、ボヘミヤ(現在のチェコ)で初めて作られました。

ガラスにウランを混ぜて、黄色や緑色に発色するガラスが製造されました。

 

黄色のガラスを作る時、その発色を得るための鉱物がウランだったことが始まりだったそうです。

ウラングラスは紫外線を当てると緑色に妖しく輝き蛍光を発します(ブラックライトでも可)

しかしこの蛍光現象は当時は想定外で、たまたま発見された現象だったそうです。

 

ウランガラスは高級品として世界中にコレクターがいます。

現在では勿論ウランは特別な許可が無いと取り扱うことは出来ません。

なので市場で出回っているモノは殆どアンティーク品になります。

 

本品はマーストリヒトで買付けました。切子細工とエッチングが施された素敵なグラスです。

ブラックライトを照らすと蓄光して本当に美しく輝きます。

 

 

 

 

 

0718 011.JPG

 

 

0718 002.JPG

 

 

0718 003.JPG

 

 

0718 012.JPG

 

 

0718 018.JPG

 

 

0718 020.JPG

 

 

0718 023.JPG

 

 

 

 

・France 1920's

・サイズ:直径6傳高さ11.5

・KT1108 ¥5,000-(在庫2)  ALL SOLD

 

 

※商品は全て税込みになります

  商品のお問合せ・ご購入について

 

 

 

 

 

 

 

コメント