2018年春の買付け旅 4/10〜4/27 No.3 パリ

 

 

 

 

 

 

4/18(水)

フランスへの移動。いよいよオランダともお別れです。

朝一でアパートの倉庫に備え付けのHenry君で部屋の掃除。

そして昨日の買付け品をポストオフィスに持ち込み配送を済ませ、駅へ向かいます。

 

 

 

 

9時58分ロッテルダム発のタリスでパリへ

ロッテルダムからパリまでは途中アントワープ、ブリュッセルを経由して約2時間半。

日本で云うと新幹線で東京ー大阪間位でしょうか。。あっと言う間に到着です。

 

 

 

 

 

今回、4月から6月までSNCF(フランス国鉄)がストライキを実施していました。

オランダからのタリスはストの影響は大丈夫そう。

ちゃんと運航してました。タリスは1等も2等車両とも基本全席指定席。

当日券は高額になるのでいつも数か月前に日本で予約していきます。

 

しばし牧歌的な車窓景色を楽しみながらパリへと・・・

 

昼過ぎパリ北駅に到着。暑いいいい〜、みんな半袖だぁ〜!半袖持って来てない・・・

 

パリはここ数日で急に暑くなったらしく、ダウンやコート着てる人もいればTシャツやノースリーブの人も。。。

現地の人もみんな着てるものがバラバラ。こちらに来るといつも季節感が狂ってしまう、まあ毎度のことですが・・・

 

アパートまでは荷物が多いので北駅からモンパルナスまでタクシーで移動。

北駅のタクシー乗り場は駅の右手にあります。正面はみんなシロタクなのでご注意を!

乗車中タクシーの運ちゃんが携帯電話でずーっと奥さんと喧嘩してて喧しかった。

おまけに道は間違えるし・・・チップは無しね。。。

 

 

14時過ぎ、ヴォジラールにあるアパートに到着。

オーナーと私たちの都合が合わなかったので、建物エントランスドアのパスコードだけ聞き部屋の鍵は秘密の隠し場所に。

こちらのアパートは今回で2度目。お互いもう信頼があるので、家賃の支払いは後日ということで勝手に入っちゃいます。

 

部屋は5階で広めのLDKでとても使いやすく、程よい広さと便利な立地で低価格なのが気に入ってます。

他の部屋には地元のひとが住んでいるのでセキュリティもしっかりしています。

 

シャワールームにキチネット、冷蔵庫に電子レンジ、コーヒーメーカーが備え付けなのでとてもありがたい!

勿論、調理道具やカトラリー、調味料も一式入ってますよ。

 


まだ夕方前なので、早速市内の蚤の市へ行きましたが、16時頃行ったらもう片付けてて無駄足に…
せっかく出てきたので帰り掛けに、いつもお邪魔する行きつけのお店数店に立ち寄ってみることに。。。

 

 

ところが昨日仕入れたというアイテムがぎっしり。まだオーナーも値付してない状態。

掘り出し物がたくさんあって、店のオーナーと一緒に値付けしながら(笑)どんどん買付け。

初日から幸いタイミングよく来たおかげで良い物がたくさん見つかり大満足。

 

シードルカップとボウルにブリュロ

 

 

 

猫がいる!と思ったらペイントでした。

 

 

4/19(木)-20(金)

 


昨日思いもよらず買付けが出来たので、木曜、金曜はパリの街を散策しながら緩々と市内のアンティーク店巡り。

ウィークデイはあまり蚤の市もやっていなく、土日、月火曜日は休みのお店も多いでお店回りに最適です。

 

 

 

おっとマーケットの告知。どこかなぁ〜帰ってチェックしよう。

月曜日早く帰って来れたら行けるかも・・・

 

ぶらぶら歩いているうちにポンピドー近くまで来てしまいました。

 

最近はあまり近づかない地域ですが・・・

 

ポンピドーはやっぱり裏側の方がパワー感じますねェ〜

 

ポンピドー裏の良さげなレストラン、覚えとこ・・・

 

そのままマレまで来ちゃったので、前に来たファラフェルのお店で遅い昼食にしました。

 

前にもご紹介しましたが、ファラフェルはイスラエルの料理でヒヨコ豆で作ったコロッケみたいなもの。

 

 

中にファラフェルが5、6個入っていて、それにトマトやキュウリ、紫キャベツ、フムスなどを加えてピタパンに挟みます。香辛料の効いた独特のソースとマヨネーズソースを付けて頂きます。

これで8ユーロくらい。テイクアウトも出来ます。勿論店中でも食べられますよ〜。その場合は+2ユーロくらい。

 

ここ数年の間にマレ地区はファラフェルの店がどんどん増えて、ここは特に人気のお店。

10分程待って、妙に陽気な中東系に威嚇?されながらお店の中へ。でもとてもフレンドリー。

 

結局、そのままサンポールまで来ちゃいました。ここでメトロ乗ってバスティーユ方面へ移動。

 

バスティーユ近くのシャロンヌ通りとラップ通りの角にある、"Chez Paul" 感じのいい古いレストラン。

日中はカフェも、サクッとエスプレッソだけ飲んで目的のお店へ。

 

店長メニューチェック中・・・

 

その後お気に入りのヴィンテージショップを回るが今回は不発・・・また次回を楽しみに。

今日はそのままセーヌ川を散策、ポン・ヌフに出て帰ることにします。

 

 

 

歩き過ぎて足が攣った・・・ちょっとカフェに座って復旧中。

隣に座ったちょっと露出度高めのお姉さんたち。ガイドブック持ってワンちゃん連れという新しいスタイル?!

すぐに若いお兄さん2人寄ってきて一生懸命誘ってましたが不発・・・残念!でもおもしろかった。

 

 

 

パリの人たちは天気が良いとみんなセーヌに来るのか?!でも半分は観光客

 

そして暑い。。。

 

 

こちらは颯爽とポン・ヌフを歩く東洋人??今所持してるもっとも涼しい服装。南京錠でも掛けるか。

 

 

そろそろ、日も暮れて来たので観光客でいっぱいのディナー付きバトームッシュを背にアパートへ帰ろう。

今日は晩飯何を作ろう。。。

 

最後に帰る前にひとつだけ寄りたいところが、、、

 

ポン・ヌフからサンジェルマン・デ・プレに行く途中にある "BULY" 1803年創業の古い香水屋さんです。

"L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY" 当時は美容薬局と呼ばれていました。

素敵な店構えに素敵な内装。出来合いの商品もありますが基本はひとつひとつオーダーで調合してもらいます。

 

折角なのでひとつ創ってもらおうと頑張ったのですが、あまりの知識の無さに途中で挫折。次回は勉強して再トライします!!

昨年代官山に日本1号店がOPENしたので、そんなに頑張らなくても日本で買えますが・・・

 

店内は了解を頂き少し撮影させてもらいました。この額だけでもすごい!!

 

ターコイズブルーの床タイルも美しかった。。。

 

 

 

 

そして現実に戻り、アパートの最寄りのスーパーで晩ごはんの支度を。今日は何にしよう・・・

夜も9時までやってて助かりまーす!

 

 

続く>>>

 

 

 

 

 

 

コメント