教会のキャンドルグラス   Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1800年後期から1900年代初期にフランスの教会で使われていたキャンドルグラス。

ここに直接蝋を入れて火を灯して蝋燭台に捧げます。

 

本来キャンドルサービスには、自らを犠牲にして灯りを提供するという崇高な意味があるそうです。

キリスト教では燭火礼拝(キャンドルサービス)と云われています。

 

こちらのグラスにも買付けた時には、まだ内側に蝋が少しこびりついていました。

綺麗に拭き取ると手作りガラスの気泡や、透明で透き通った美しさが甦ってきました。

青が5つ、薄黄色が2つ、濃黄色が2つ、赤色は1つ。どれも色つきガラスになります。

使い方はそれぞれ、グラスとしても使えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1800年後期〜1900年代初期

・サイズ:約直径6.5cmx高さ7.5c位(個体によって不統一です)

・OT1394 ¥4,200-

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

コメント