Stereoscope UNIS-France 木製箱型 ガラス写真付 Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEREOSCOPES UNIS-FRANCE

 

こちらは、A.Matthey,Parisによって1900年初期に製作されました。

立体(3D)ガラス写真と、それを見るためのステレオスコープハンドル式ビュアのセット

 

立体写真は微妙な横ずれをもつ2枚のガラス写真で、左右の眼で別々に見ることにより三次元的な立体感を生じさせます。

ガラス写真は8枚が当時の箱に入っています。ステレオスコープはマホガニー木製の箱型。

側面に切り込まれた細長い開口部があり、そちらよりガラス写真を挿入します。

 

右の黒いハンドルを回すとレンズが前後に動いて焦点距離を合わせることが出来ます。

上部には光を取り入れる為のヒンジ式の蓋があり、そこに反射鏡が取り付けられています。

ハンドルやレンズの枠は黒いベークライト製。

 

ステレオスコープは1856年にイギリスの科学者、ジョン・B・ダンサーが発明。

19世紀後半にヨーロッパで一大ブームとなりました。

その後リュミエール兄弟(フランスの映画発明者/映画の父)が、1890年に世界初の映写機シネマトグラフを発明。

シネマトグラフを用いて1894年にフランスのリヨンで作られた世界初の動く映像「工場の出口」は大変有名です。

このリュミエール兄弟によって作られた、モノクロ無声ドキュメンタリーが世界初の映画と言われています。

リュミエールは1900年に開催されたパリ万博でも映画を上映し、世界中からやって来た人々を驚かせました。

こんな小さな木の箱から現代にまで続く映画の世界が始まったと思うと、、、何だかワクワクしてしまいます。

 

 

世界初の映画「工場の出口」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L'Estuaire de la Loire  西フランス、ロワール河口の海岸の写真 1920's頃のガラス写真(箱入り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900's初期

・サイズ:縦10.3cmx横16.5cmx高さ14.5cm

・OT1333 ¥60,000- 

 

※ステレオスコープは他に数点在庫がございます。ご興味のある方はお問合せください。

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント