ポスタルレタースケール  Made in Germany

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1912年創業のドイツのヤコブ・モール(Jakob Maul)社のポスタルレタースケール。

1900年代後期、オランダの郵便局で使われていたものです。

鋳鉄、真鍮、そして文字盤はホワイトの琺瑯に数字が刻まれています。

500グラムまで測定できます。そのフォルムの機能的なデザインもとてもチャーミングです。

 

単純な作りのようですがとてもよく出来ています。

上部の郵便物を載せるお皿は差し込み式で簡単に外せます。

そして下部の脚も90度回すこと出来るようになっていて持ち運ぶ時は全体が平らになります。

弓型の目盛り部分には2通りの目盛りが付いています。

中心部分の分銅を中程の軸を中心に上げたり下げたりして郵便物の量り方を変えることが出来るようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤコブ・モール(Jakob Maul)社の刻印

 

 

分銅を下げた状態

 

通常の0〜500グラムまでの重さが量れます。

 

 

 

分銅を上げた状態

 

指針が内側の目盛りのゼロ部分に合うようになっています。

そして軽量(0〜100グラムまで)の詳細な重さを量ることが出来ます。

 

 

 

・Germany 1900年代後期

・サイズ:幅24cmx奥行11cmx高さ28cm

・OT1272 ¥16,500-        sold

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

コメント