Photo Flame (中)と(小)  Made in Netherlands

 

 

 

 

 

 

 

0605 039.JPG

 

 

 

 

 

オランダのフォトフレームを2つ買付けてきました。

いつもフォトフレームはたくさん買付けてきますが今回はこの2つだけ。

以前は木製の物ばかり買付けていましたが、最近はスチールや真鍮製の物に目がいってしまいます。

 

 

ひとつは通常の写真が入るタイプ、もう一つは5cm位の小さなちいさなフレームです。

似合いそうな写真を入れてみました。大きい方はサクレクール寺院の前の階段の所で撮影したものです。

大きい方は湾曲したドーム型のガラスになっています。縦置きと横置きどちらにも使えるように出来ています。

勿論どちらも後ろから写真の入れ替えも可能です。

大きい方は真鍮製にグレー色の焼き付け塗装、小さな方はスチール(アルミ?)製と思われます。

 

 

 

 

 

■大きい方のフォトフレーム

0605 040.JPG

 

 

0605 041.JPG

 

 

0605 042.JPG

 

 

0605 043.JPG

 

 

0605 043.JPG

 

 

 

 

 

■小さい方のフォトフレーム

0605 046.JPG

 

 

0605 044.JPG

 

 

0605 047.JPG

 

 

0605 048.JPG

 

 

0605 049.JPG

 

 

0605 050.JPG

 

 

0605 051.JPG

 

 

・オランダ製 1900's中期頃

 

■大きい方のフォトフレーム

・サイズ:縦14cmx横9cm

・ST0582 ¥4,500- SOLD

 

■小さい方のフォトフレーム

・サイズ:縦5.2cmx横4.2cm

・ST0583 ¥2,800- SOLD

 

 

※商品は全て税込みになります

 

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

鹿の絵の木製筆箱  使いかけの色鉛筆いり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モミの木の森から出てきた小鹿が赤い屋根の家に向かって歩いている風景

そんな絵が描かれた木製の筆箱、そして蓋を開けると使いかけの色鉛筆が入っていました。

 

何かの絵本のお話の一場面のような筆箱・・・南オランダの古い田舎町で見つけました。

1900年代前半頃のドイツかオランダの物だそうです。フランスとはまた一味違った味わいのある一品です。

 

こういう物って本当に現地でないと出会うことが出来ないものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Germany or Holland 1920's

・サイズ:縦7.7cmx横23cmx厚2.3cm

・ST0569 ¥6,500-  SOLD

 

※商品は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTE a PARIS デッサン用木炭  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとめずらしいアイテムのご紹介。

こちらはフランスのコンテ・ア・パリ(Conté à Paris) のデッサン用木炭です。

色々調べましたが正しい年代は解りませんでしたが、1900年代初め頃の物と思われます。

Véritables Fusains Vénitiens de Conte à Paris 箱に書かれた表題からヴェネチアの木炭で作られているようです。

 

元々画家であったニコラ・ジャック・コンテ(Nicolas Jacques Conté)は、1794年に14世紀からイタリアの画家たちが使っていた棒状絵具の改良品、現在の鉛筆(コンテ)を作り出すことに成功。

1795年に特許を取得し、 Conté à Paris を設立しました。

それ以来、多くの画家や巨匠たちがコンテ・ア・パリのコンテ(パステル)「カレ・コンテ」を愛用してきました。

コンテ・ア・パリは200年以上経った今でも多くの世界中のアーティストたちに愛されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900年代前期頃

・サイズ:箱(W4cmxD17.5cmxH1.8cm)

・ST0525 ¥4,200-

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

木製額縁+鏡     Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、

フランスで見つけた壁掛け鏡。堅木で作られた木製枠の額縁。

大きさは先ほどと同じ位で顔を見るのにちょうど良いサイズです。

サイズは縦31cm×横26cm、鏡は当方にて日本で入れたものになります。

 

1800年代の物で木の材質は解りませんが、サクラの木のような大変堅い木で作られています。勿論無垢の一枚の木から作られていますので節があったり、経年変化の木の収縮などで留め部分も隙が出てたりしています。

無垢の木の質感そのままでとてもシンプルなデザインです。

 

鏡としてもそうですが、白い壁に掛かるインテリアとしてもパリのアパートメントのような趣です。

自宅のエントランスホールに掛けてお出掛け前や、店舗でのご利用にも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1800年代

・サイズ:縦42cmx横32.5cmx厚み1.3cm

・ST0401 ¥15,000- SOLD

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木製額 金彩+鏡     Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで見つけた飾り彫刻の入った壁掛け鏡。木製枠には金彩が施されています。

大きさは縦31cm×横26cmの顔を見るのにちょうど良いサイズです。

鏡は当方にて日本で入れたものになります。

 

買付けた当初は埃と汚れがかなりありましたが、日本に帰ってから綺麗に手入れしてここまで金彩が甦りました。

あまり綺麗にし過ぎるとアンティーク感が損なわれるのでこの位にしてあります。

1900年代前期頃の物のようですが深く彫り込まれた木枠と鮮やかな金彩がとても素敵です。

角の部分などの金彩の剥がれた跡なども見受けられます。

 

鏡としてもそうですが、白い壁に掛かるインテリアとしてもパリのアパートメントのような趣です。

自宅のエントランスホールに掛けてお出掛け前や、店舗でのご利用にも使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900's前期頃

・サイズ:縦31cmx横26cmx厚み2.3cm

・ST0400 ¥12,000-

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

l'Équilibre du Chandelier 燭台の天秤   Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスのリトグラフと額縁のご紹介です。Le Bon Genre No.91

 

こちらは1931年ジャン・サディによって再出版された「Le Bon Genreシリーズ」

ル・ボン・ジャンルは当時のパリの社会傾向や余暇活動を記録する最も初期の物で、元々の原作は1801年〜1815年頃、アルバート・レヴィによってフランスのモードを題材として編集されたシリーズで、大英博物館に所蔵されています。

 

当時のパリの新興中産階級のブルジョアのモード、レクリエーション、享楽の習慣等を描いた当時の大変重要なファッションポートフォリオ、イラストジャーナル等で、フランスの典型的な風刺的アルバムに影響を及ぼし、フランスの社会史の重要な歴史的資料ともなっています。

共和国時代のパリジャンの生活ぶりや時代背景など社会的歴史を描き、進化したパリの社会を色彩豊かに表現しています。

 

今回全部で10枚のリトグラフを買付けて参りました。他にも素敵な物がございます。

こちらは当時のレクリエーションのリトグラフで、「燭台の天秤」というタイトルが付いています。

額縁は木製に金彩が施してあります。1900年代前期のフランス製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1931's

・サイズ:額縁 縦38cmx横48cmx厚み1.4cm

・ST0232 ¥12,000- 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

古い小さな木製額に鏡    Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで購入した19世紀前期頃の古い木彫りの小さな額縁です。

当時の金彩は煤けて随分褪せていますが、そこがまたいい味になっています。

背部を見ても四隅のディテール等、矩形が壊れないよう補強をしたりして、かなり気を使って作られた形跡があります。

鏡は当方にて日本で入れたものになります。

 

古い物ですので額縁には表面に損傷等も見受けられます。写真にてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 19世紀前期

・サイズ:縦22.5cm×横20.5cm×厚さ2.5cm(枠内寸法:14.7cmx14.7cm)

・ST0561 ¥9,000-  SOLD

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

Audrey Hepburn 写真  Red Cross 額付

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 Miss Audrey Hepburn, star of the current Broadway play, Ondine, holds a quick conference with Peggy Ann Malone, the three year old daughter of Mr. and Mrs. Robert Malone, of Bronxville, New York, as the actress opens an official Red Cross Fund and membership drive in Grand Central station.Other volunteers began coin box solicitations at various points throughout the city.

 

 



1954年3月18日、ニューヨークのグランド・セントラル駅で行われた赤十字基金募金の時の写真。
このチャリティーに参加したオードリーがロバート・マローン夫妻の3歳の娘、ペギー・アン・マローンと一緒に撮影したもので、オードリーは当時26歳。「ローマの休日」や「麗しのサブリナ」でアカデミー最優秀主演女優賞受賞を受賞し、最も輝いていた頃のスナップ写真。

写真を収める額は彼女の出身地でもあるベルギーの物にしました。1900年代前期の木製額に納めてあります。写真はパリで、フレームはブリュッセルで購入。
私自身もオードリー・ヘップバーンの大ファン、パリの専門店でやっと見つけた写真です。写真の裏には証明書のような物が付いていてオードリーが了解している証明だそうです。

 

 

 

 




















・アメリカ 1954年撮影
・サイズ:フレームサイズ 縦263x横203x奥行20
・ST0404-1 ¥67,000-

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて



 

La Danse du Schall 赤いショールのダンス Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再びフランスのリトグラフのご紹介です。Le Bon Genre No.109

 

こちらは1931年ジャン・サディによって再出版された「Le Bon Genreシリーズ」

ル・ボン・ジャンルは当時のパリの社会傾向や余暇活動を記録する最も初期の物で、元々の原作は1801年〜1815年頃、アルバート・レヴィによってフランスのモードを題材として編集されたシリーズ。

 

当時のパリの新興中産階級のブルジョアのモード、レクリエーション、享楽の習慣等を描いた当時の大変重要なファッションポートフォリオ、イラストジャーナル等で、フランスの典型的な風刺的アルバムに影響を及ぼし、フランスの社会史の重要な歴史的資料ともなっています。

共和国時代のパリジャンの生活ぶりや時代背景など社会的歴史を描き、進化したパリの社会を色彩豊かに表現しています。

 

今回全部で10枚のリトグラフを買付けて参りました。他にも素敵な物がございます。

こちらは当時の女性のモードのリトグラフです。ショールのダンスというタイトルが付いています。

額縁は木製に金彩が施してあります。1900年代前期のフランス製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1931's

・サイズ:額縁 縦35cmx横55cmx厚み2cm

・ST0563-1 ¥12,000-  SOLD

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

STABILO の鉛筆   Made in Germany

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SchwanhausserによるSTABILO社の起源は1855年になります。当初は Schwan Pencil Factory (スワン社)でした。現在のSchwan-STABILO社という名前になったのは1976年からだそうです。


1857年スワン社はコピー鉛筆の製作を始めます。

その当時は今のようにコピー機(複写機)等ありませんでした。複写は全て人の手によって手描きで写し取られていました。コピー鉛筆はその時に使用するための物でした。

この頃からブランドロゴとして白鳥のモチーフを使うようになりました。
このシンボルを選んだ理由はもちろん、白鳥(Schwan)が "Schwanhausser"の略だからです。

1931年、Schwanhausserは製品を STABILO、Othellp、SWANO の3つのブランドに別けました。
STABILOは最高品質のペンブランド、Othello製品は広い層に向けて、そしてSWANOは特に子供達を意識したブランドです。無毒な材料を使用し強い芯、良質な木材、低価格の石筆や鉛筆、子供向けデザインの筆箱といった製品を製作しました。

 

経年変化で木に割れが入りただ今補修中、、、