フランスの濃紺と白いラインの琺瑯キャニスター Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先回の買付けで見つけてきたフランスの琺瑯キャニスター。

濃紺(コバルトブルー)色に白色のラインとロゴの入った大好きなパターンです。

濃紺色の色感に一目ぼれして購入しました。ロゴもゴシック調の大好きなデザイン。

内側はホワイト色の琺瑯が施されています。

 

よく見ると白ラインの上下に目立たなく細くゴールドのラインが入っています。

大きさの異なる6セットの内、"CAFE" と "THE" は売却済みで残り4点となってしまいました。

節々に琺瑯の剥がれもありますが、全体的に良い状態だと思います。

お好みもあると思いますがこのような濃紺の色味のモノをいつも探しています。

とてもチャーミングなキャニスターです。

 

 

 

 

 

一番小さいサイズ "POIVRE"

 

 

 

 

 

 

■POIVRE 

・サイズ:径7.5×高さ13

・KT1374 ¥4,000-

 

 

 

 

中くらいのサイズの "PÂTES"

 

 

 

 

 

 

■PÂTES

・サイズ:径9.5×高さ15

・KT1372 ¥5,500-

 

 

 

 

 

 

大きめサイズの "FARINE"

 

 

 

 

 

 

■FARINE

・サイズ:径11.5×高さ18

・KT1370 ¥6,900-

 

 

 

 

 

一番大きな "SUCRE"

 

 

 

 

 

 

■SUCRE

・サイズ:径12×高さ19

・KT1369 ¥7,500-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

BOVRIL のブイヨンカップ  Made in England

イギリスBovril社のブイヨンカップ。

 

1889年に始まり、現代に至るまで庶民の味としてイギリスで知られているBovril。

元々は、ナポレオン時代に栄養補給のために作られたもの。

 

Beef Teaとも呼ばれ、牛肉のエキスで作られていて、ペースト状になっており、

お湯に溶かして飲んだり、トーストに塗ったり、お料理に使ったり。

栄養があり、体力を作る飲み物として、また風邪を引いた時などにも飲んでいるのだそうです。

お味はビーフコンソメの様な?

 

 

こちらはノベルティとして作られたカップ。

厚みがあり、脚付きのどっしりとしたカップです。

フランスのブリュロとよく似た形ですが、用途は異なります。

 

窯元はイギリス、チェコスロバキアの2種類。

いずれもBovrilのロゴマークが付いています。

1920年〜1930年代のものになります。

 

 

 

Made in Czechoslovakia    縁に金彩が施されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Czechoslovakia  1920〜1930年

・サイズ     直径8cmx高さ8.3cm

・KT1293-3    ¥8,500-

 

 

 

 

Made in England 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

England  1920〜1930年

・サイズ    直径8cmx高さ8.3cm

・KT1293-1  ¥8,500-

 

 

 

 

Made in Czechoslovakia  こちらは少し大きめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Czechoslovakia  1920〜1930年

・サイズ  直径8.3cmx高さ9cm

・KT1293-2  ¥8,500-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

カフェオレボウル     Made in France

 

フランスのカフェオレボウルも幾つか見つけてきました。

 

DSC_0370.jpg

 

カフェオレボウルの歴史は、庶民がコーヒーを気軽に飲めるようになってきた1920年頃から。

カフェオレだけではなく、コーヒーにパンを浸して食べたり。

柄も、ステンシルの手法で描かれた草花や果物、幾何学模様だったりといろいろな種類があります。

 

 

 

DSC_0375.jpg

愛らしい色合いの花が描かれたカフェオレボウル。

昔、Olive少女だった私の中のカフェオレボウルのイメージです。

とにかく「カフェオレボウル」という言葉に憧れていました。

窯元のスタンプはありません。

 

 

DSC_0372.jpg

こちらはお椀型の少し形の変わったMoulin des Loups(1718-1962年)のカフェオレボウル。

フルーツバスケットのシンプルな絵柄です。

縁に欠けが幾つか見られますが、形が変わっているので気に入り持ち帰りました。

 

 

DSC_0381.jpg

こちらは青と茶の落ち着いた色合いのかわいらしいDigoin&Sarreguemines(1879-1970年)のカフェオレボウル。

カフェオレも良いのですが、ごはんをよそって食べたら毎日が楽しくなるような気がします。

 

 

 

DSC_0383.jpg

こちらはこの中では一番大きなDigoin&Sarreguemines (1879-1970年)のカフェオレボウル。

バラの花が大きく描かれており、正統派のボウル、の様な印象です。

 

 

お店に展示しています。

ぜひ、お越しください。

 

一番上から

・France 1900年代中期

・サイズ:底径8×口径15.5×高さ8

・KT1315 ¥5,200- 

 

 

・France 1900年代中期  Moulin des Loups

・サイズ:底径7×口径14×高さ8.5

・KT1316 ¥5,400-  sold

 

 

・France 1900年代中期  Digoin&Sarreguemines

・サイズ:底径8×口径15×高さ8

・KT1314 ¥6,980-  sold

 

 

・France 1900年代中期  Digoin&Sarreguemines

・サイズ:底径8×口径16×高さ9

・KT524 ¥6,900-  sold

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

ワックスペーパーのコップ   Made in France

少し変わったものを見つけました。

 

ハチミツの会社のワックスペーパーで作られた紙コップ。

MIEL SURFINという養蜂とハチミツの会社のもののようです。

 

MIEL SURFINは今でも現存する会社。

ハチミツやジャムなどを作っています。

DSC_0308.jpg

 

 

DSC_0309.jpg

 

コップには当時のparisの住所が印刷してあります。

DSC_0307.jpg

 

DSC_0310.jpg

 

未使用ですが、試飲用のコップなのか、ノベルティとしてのコップなのかはわかりません。

紙コップといってもワックスペーパーなので、厚く、とても頑丈に作られています。

 

DSC_0305.jpg

 

 

DSC_0306.jpg

何に使うか考えるのも、古いものを手に取る楽しみのひとつです。

 

 

・France 年代不詳

・サイズ:大 底径6.5×高さ10.5

・KT1337  ¥1,270- /1個

 

・France 年代不詳

・サイズ:小 底径5×高さ9

・KT1338  ¥960- /1個

 

 

商品のお問合せについて

 

 

ブリュロ Brulot 大 ブルーライン  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリュロは19世紀、主に北フランスのカフェやビストロで生まれました。

この独特の形をしたとても分厚く重いカップは、冬、南仏と違って寒さの厳しい北フランスの地で、熱いコーヒーを冷まさず飲むために工夫されたモノと云われています。そしてコーヒー飲み終わった後、逆さにして底のくぼみで強いアルコールを注ぎ飲むのが習わしだったそうです。

今回買付けて来た数点のブリュロをお店に展示いたしました。

赤いのと青いのがあります。ぽってりとした独特の分厚いカップです。

どれも1800年代後半から1900年代初期に作られた古いモノで、貫入やヒビ等も多くみられますがどれもとても味わいのある一品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1800年代後期-1900年代初期

・サイズ::Φ9xH8.6cm

・KT1326 ¥6,350-  sold

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

ブイヨンカップとブリュロ  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回買付けて来た、ブイヨンカップとブリュロをお店に展示いたしました。

取りあえず棚に並べてみました。詳細はまた改めてご案内します。

赤いのと青いのがあります。ぽってりとした独特の分厚いカップです。

どれも1800年代後半から1900年代初期のモノでと思います。

 

 

 

 

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

アルミ製いろいろ

アルミ製のものいろいろです。

 

 

コロンとした丸底のかわいいジャグです。

小さな花をこぼれ落ちる位に入れたらとってもかわいいと思います。

 

取っ手には持ちやすいように溝が付けられています。

 

・直径9.5×高さ17

・KT1301 ¥5,300-  sold

 

 

 

こちらは背の高い細めのジャグです。

注ぎ口と取っ手のカーブが印象的。

 

紫陽花のドライフラワーが似合いそうです。

・直径9×高さ23.5

・KT1302 ¥5,700-

 

 

 

こちらは注ぎ口の大きながっしりとしたミルクジャグです。

 

持ち手は磁器で作られており、ずっしりとした重みがあります。

大きな色の鮮やかな花をたくさん活けても素敵なのではないでしょうか。

・直径16.5×高さ16.5

・KT1303 ¥7,700-

 

 

こちらは大小のカップ。

LITREとDEMI-LITREの表示が付けられています。

こちらは花でなくても、卓上の小物入れにしても良いかもしれません。

 

・大:直径12×高さ11

・KT1305 ¥3,200-

 

・小:直径10×高さ9

・KT1304 ¥2,600-(在庫2)

 

 

 

 

アルミは、そのスモーキーな質感が好きで、

陶器などに比べ壊れにくく軽いので、良い形が見つかれば必ず持ち帰ってくるアイテムです。

今回もそれぞれチャーミングなものが見つかりました。

使い勝手も良さそうです。

 

お店に展示しています。

ぜひ見にいらしてください。

 

 

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

H&B Rebus plate (判じ絵プレート)  Made in france

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H&B Rebus plate(判じ絵プレート)

 

イーポリト・ブーランジェ(Hyppolyte-Boulanger)は、1804年パリ近郊の街Choisy le roiiに設立された、

フランスを代表する古窯のひとつ。1920年に Creil&Montereau と合併しH.B.C.Mとなりました。

古いモントローも多くの Rebus plate を製作していました。

こちらのプレートは周りの縁が絵柄ではなくレリーフが施されています。

状態も良くとても美しいプレートです。

 

"Il n'est pas mal aisé de tromper un trompeur." は直訳すると「詐欺師をだますのはとても簡単?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1878-1936s

・サイズ:約20cm

・KT1297 ¥12,000-  sold

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

琺瑯の2段式ミルクキャリー White&Blue rim   Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琺瑯の定番、ホワイトにブルーリム。

青(藍)色好きな私にとっても琺瑯製品では定番カラー

こちらはフランスの田舎町で見つけたミルクキャリー、なので注ぎ口は付いていません。

上下2段式になっていてパーツとしては3つで、上蓋と上部の背の低いケースと下部の少し大きめのケースになります。

上部のパーツはアクセサリーや小物入れに、下部のパーツはお花を飾って頂いたり、別々に使うのもいいですね。

 

部分的に剥がれもありますが、琺瑯の釉薬もしっかり焼き付けられています。

針金の無骨なハンドルもとてもチャーミングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1940’s

・サイズ:直径11.5x15cm

・KT1236  ¥6,500-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ERCUIS PARIS スプーンとフォーク  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルキューイ・パリ(ERCUIS PARIS)社製のディナースプーンとフォークです。

エルキューイ・パリは1867年創業のパリの高級銀器ブランド。

クラシックさと斬新なデザインで、当時の老舗店の中でも最も人気のあるブランドでした。

 

本体の持ち手と首部分に施された、草花を散りばめたガーランドデザインがとてもチャーミング。

長さは21cm、ずっしりと程よい重量感もいい感じです。

本体には、60G=品質銀60g使用を示す Hall Mark が刻まれています。 

 

エルキューイの銀器の製作は、銀細工職人が手作業で行う工程が大変多く、1つのカトラリーを作るのに7つの工程を得なければいけませんでした。高品質の銀製品は8時間以上の作業を必要とします。
この作業工程は19世紀以来、引き継がれてきたエルキューイ社の伝統であり、

銀器メーカーの中でも、最も厚いシルバーコーティングを提供する品質を誇りにしています。

こういった頑固なまでの拘りが、150年間続くブランドの由縁ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1940’s

・サイズ:L=21cm

・スプーン、フォーク 各2,700円

・スプーン&フォーク2点セット 5,000円

 

 

商品のお問合せについて