素敵なBGM19  恋をした人 Janis Crunch

 

 

 

 

 

 

 

 

恋をした人 "L'amoureux"  Janis Crunch

 

 

 

 

 

昨年のクリスマス、仙台の "atelier Morceau" の佐々木さんが、Janis Crunch音楽ライブを開催されました。    

残念ながら私は仕事で観に行くことは出来ませんでした。
年が明けて先日沼津の weekend books のイベントの時、オーナー高松氏と Janis Crunch さんの話題になりました。
高松氏も以前より彼女のファンでお店にもアルバムを置いていらっしゃるほど。
私といえば、以前よく通っていた西荻の「雨と休日」のセレクトの中からたどり着いたのが Janis Crunch。

熊本生まれの日本人アーティスト。歌い手、作曲家、ピアニスト。
美しい歌声と繊細なピアノで静かなカノンを奏でたり、かと思えば力強いタッチのピアノ独奏。
当店でもよくBGMに流させて頂いている音楽のひとつ。
よろしければぜひ聴いてみてください。
 

素敵なBGM18  The Cinematic Orchestra

 

 

 

 

 

 

MA FLEUR The Cinematic Orchestra  To Build A Home

 

 

 

 

 

The Cinematic Orchestra(ザ・シネマティック・オーケストラ)

イギリス、スコットランド出身のソング・ライター兼プロデューサー、

Jason Swinscoe(ジェイソン・スウィンスコー)を中心に1999年に結成された音楽ユニット。

本作のボーカルはカナダのシンガーソングライター、Patrick Watson(パトリック・ワトソン)

 

"Ma Fleur" は人生における「愛と喪失」をテーマに、架空映画のサウンドトラックとして制作されています。

聴く人は映像空間を脳裏に鮮明に映し出し、自分の好きなように解釈していけばいいのです。

私はこの脚本、楽曲、映像のすべてにおいて美しさと永遠を感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なBGM17  Molly Drake

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのピアニスト兼シンガーソングライター、Molly Drake(モリー・ドレイク)

彼女は同じくシンガーソングライターだった、Nick Drake(ニック・ドレイク)の母。

このアルバムは1950年代、彼女自身が自宅で書き下ろした詩を、ピアノの弾き語りで録音したモノ。

 

彼女は1915年イギリスの中部の田舎町、タンワース・イン・アーデンの出身。

戦争による世情不安で混沌とした時代でもありますが、私の大好きな時代を生きた女性です。

 

2013年に60年の時を経てその音源が1枚のアルバムとして発表されました。

古い録音によるノイズまじりのピアノと歌は、素朴でノスタルジック、イギリスの古を彷彿させます。


 

 

 

 

 

 

 

Molly Drake / I Remember

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なBGM16  Anne Queffélec と Erik Satie

 

 

Satie Trois Gymnopédies

 

 

今回は Anne Queffélec の演奏する Gymnopédies のご紹介です。

Anne Queffélec(アンヌ・ケフェレック)はフランスのピアニスト。

作曲家の父を持つ彼女は、5歳の時からピアノを弾きはじめます。

彼女の演奏会は殆どがピアノ・ソロ。その中でも彼女の演奏するサティは独特の空気を感じます。

多くのピアニストがサティのジムノペディを演奏していますが、私は彼女の演奏に惹かれてしまいます。

 

 

Erik Alfred Leslie Satie(エリック・アルフレッド・レスリ・サティ)はフランスの作曲家。

そして、

Vilhelm Hammershøi(ヴィルヘルム・ハンマースホイ)はデンマークの画家。

サティとハンマースホイは1800年代後期を生きた同世代の作曲家と画家。

 

サティは自分の作品を総じて「家具の音楽」と呼びました。

それは観客の邪魔にならない、家具のように存在している音楽という意味でした。

 

ハンマースホイの描く作品はまさにそんなサティの思い描く音楽にピッタリあてはまります。

無彩色な色調に差し込む光を使った空間表現には、静寂な空気だけが流れているような錯覚に陥ります。

彼の作品の殆どは室内画で、その中に存在するうつむいた人物の多くは彼の愛した妻のイーダが描かれています。

 

 

 

Anne Queffélec - Bach & Händel - Live Concert

こちらもおススメです

 

 

 

 

 

素敵なBGM15 春への誘い


今年もようやく春めいてきました。
そんな一瞬を静かに待ちながら聴いていたい音楽。
澄んだ見晴らしのよい風景が目の前に広がってきそうなBGMです。


Tobias Wilden / A Path To Open Air/Minute Maps


若きドイツ人ギタリスト、Tobias Wilden(トビアス・ヴィルデン) のアコースティック・ギター作品集です。


 note of seconds schole compilation vol.2

schole(スコーレ)は古代ギリシャ語で「余暇」という意味だそうです。
SCHOLE RECORDS は、そのスコーレ・レーベルのアーティストたちの集大成。
言葉では伝えきれない音楽への無垢な深い愛情と喜びに満ちた世界。
scholeの“今”と“これから”が、夢のように塗り込まれた愛おしい15編。

こちらのCDは「雨と休日」のONLINE SHOPより視聴、購入できます。




 

素敵なBGM14 X'masソング "Have Yourself A Merry Little Christmas"

素敵なX'masソング "Have Yourself A Merry Little Christmas"



Merry Christmas!

昨夜はみなさん素敵なクリスマス・イヴをお過ごしことと思います。。。
賑やかな街の喧騒の中、なんだか静かな音楽が恋しくなったりしませんか。

Tsubame Markt のクリスマスは、"Have Yourself A Merry Little Christmas"
ほんの少しささやかなクリスマスをお祝いしましょう。。そんな時にそっと聴きたい心温まる音楽。

"Have Yourself A Merry Little Christmas"は、1944年の映画「若草の頃」の挿入歌。
主演の女優で歌手でもある、Judy Garland(ジュディ・ガーラント)が歌ったのがオリジナルと云われています。



この曲はこれまでもたくさんのアーティストにカバーされているクリスマスソングの名曲。
そんな中から "Have Yourself A Merry Little Christmas" を歌った私のお気に入りをご紹介させてください。



■Bright Eyes(ブライト・アイズ) / A Christmas Album (2002)

"Bright Eyes" の "Have Yourself A Merry Little Christmas"


11曲目:The Night Before Christmas
"Bright Eyes"は、アメリカのインディーズ・アコースティックグループ。
このアルバムは2002年にオンラインストアのみの発売でリリースされました。
その後、New York Times誌で「どんな季節でも聴くことができる本当に悲しくてスウィートなHoliday Song!」
と絶賛され一般発売されたという傑作です。
独自にアレンジされた繊細で優しい音色の11曲のクリスマス・ソングが収録されています。
その中でも "Have Yourself A Merry Little Christmas" のヴァイオリンは秀逸です。
10曲目に収録されています。11曲目を続けて聴くともっといいですよ。オススメです。。。




■Coldplay

Coldplay の "Have Yourself A Merry Little Christmas"

言わずと知れた "Coldplay" は、1997年にロンドンで結成されたロックバンド。
ボーカル兼リーダーの Chris Martin クリス・マーティンのピアノの弾き語りが切なくとても素敵です。




■Melinda Watts

Melinda Watts の "Have Yourself A Merry Little Christmas"





■She&Him / A Very She & Him Christmas  (2011)

She&him の "Have Yourself A Merry Little Christmas"
こちらは"She&Him" というデュオグループ。
人気女優のZOOEY DESCHANEL(ズーイー・デシャネル)と、シンガーソングライターのM.WARD(M.ウォード)によるデュオグループ。
2011年にリリースされたクリスマスアルバムで、スタンダードなクリスマスソングをカバーしています。60年代を彷彿させるような暖かなサウンド。
心温まる素敵なクリスマスの夜を過ごせる作品です。





前回もご紹介しましたが、
2014年のエミー賞を受賞した、APPLEのCM "Happy Holidays" シリーズ、"Misunderstood­(誤解)"
この素敵なCMで使われていた曲も、"Have Yourself A Merry Little Christmas" でした。
"Cat Power" のChan Marshall(ショーン・マーシャル)が歌っています。

映像もBGMもストーリーも、とてもいいCMでしたね。。。


↑画像をクリック
ジーンときちゃうCM、ちょっと泣けました。家族っていいですね。


Cat Power の "Have Yourself A Merry Little Christmas"





2013年は、SEND ME SOME SNOW / Chris Standring Kathrin Shorr をご紹介しました。
知らない間にこんなかわいいPVが出来てました。。ちょっと楽しいクリスマスに。。。


Send Me Some Snow: Chris Standring & Kathrin Shorr

"Send me some snow" というタイトルに惹かれて知ったアルバム。
「プレゼントなんて何もいらないから私に雪を見せて。。。」
底抜けに楽しいけれどなんか物悲しい。。。


12月の "Tsubame Markt" はクリスマスの装いに模様替えしています。
少しですがツバメ・オリジナルのドライリースも作りました。
大切なひとへの贈り物、今年も頑張った自分への贈り物などぜひ探しに来てください。
みなさまのご来店心よりお待ちしております。

すべての皆様に素敵なクリスマスが訪れますように!

And have yourself a merry little Christmas now.
Tsubame Markt





 

素敵なBGM13  Janis Crunch




ある日、新しい音楽を探していてたどり着いたミュージシャン、Janis Crunch。
熊本生まれの日本人アーティスト。歌い手、作曲家、ピアニスト。
美しい歌声と静かで繊細なピアノ。かと思えば、力強いタッチのピアノ独奏。
今当店でよくBGMに流させて頂いている音楽のひとつ。
よろしければぜひ聴いてみてください。


カノン "12 & 1 SONG" Janis Crunch & haruka nakamura

これからの季節、クリスマスの頃、静かな夜に。。。Official Videoも素敵です。


恋をした人 "L'amoureux"  Janis Crunch




こちらは彼女の作品が収録されている"schole records"というレーベルのコンピレーションアルバム。


 “note of seconds schole compilation vol.2”

こちらは、"雨と休日" のHPより視聴、購入できます。

言葉では伝えきれない、音楽への深い愛情と喜びに満ち溢れた世界へ。
scholeの“今”と“これから”が、夢のように塗り込まれた愛おしい15編。
"schole" のアーティストがそれぞれ「いま鳴らしたい音」をただひたむきに演奏した、音楽への無垢な愛情が惜しみなく詰まった1枚。(抜粋引用)



 

素敵なBGM12  大橋トリオ / I'm yours と If I ain't got you


本日は、大橋トリオの曲を2曲ご紹介いたします。
本名は大橋 好規(おおはし よしのり)
大橋トリオは、実際にはトリオで演奏するグループ名ではなく大橋 好規のソロ・ユニットです。
ひとりでピアノ、ギター、ベース、ドラムをこなすマルチプレイヤー。
2003年より大橋好規として音楽活動を開始。作曲家、音楽プロデューサー等で活動。
2007年より”大橋トリオ”としても活動を開始し、2009年メジャーデビューし、現在まで数多くのアルバムをリリースしています。



大橋トリオ / I'm Yours   Album:FAKE BOOK (2010)より

 I'm Yours
この曲は、オリジナルはジェイソン・ムラーズ(Jason Mraz)の大ヒットナンバーのカバー。
2010年にリリースされた”FAKE BOOK”というアルバムに収録されています。
ジェイソン・ムラーズはアメリカのシンガーソングライターでアコースティック、サーフミュージック系のアーティスト。
ジェイソンの歌う原曲もとても素敵な曲です。
そしてこの大橋トリオのアレンジは、オリジナルを越えるほどの美しい仕上がりになっています。
後半のヴァイオリンに泣いてしまいました。ぜひ一度お聴きになってみて下さい!



大橋トリオ / If I ain't got you   Album:FAKE BOOK II (2011)より

If I Ain’ t Got You
こちらは、アメリカのシンガーソングライター、アリシア・キーズ(Alicia Keys)の大ヒットナンバーのカバー。
上述の”FAKE BOOK"の第2弾としてリリースされた”FAKE BOOK II ”に収録されています。
私はアリシア・キーズのことをまったく知らなかったのですが、この曲を通して当店のお客様に教えて頂きました。
原曲もとても素敵なバラードで一度で大ファンになりました。
このアレンジも原曲同様、本当に素敵なアレンジになっています。

どちらも疲れた時に心を癒してくれる、優しい気持ちになれるような音楽です。



 

素敵なBGM11  Françoise Hardy / Gin Tonic



Françoise Hardy / Gin Tonic(1980年)


初めてこのアルバムを聴いたのはまだ学生の時でした。その後、六本木シネヴィヴァンでドミニク・サンダのUne femme douce(やさしい女)という映画を観ました。以来フランスに憧れ、この2つが私のフランスのイメージとなりました。
これは今でもそのまま残っています。



フランソワーズ・アルディは、1944年フランス生まれのシンガーソングライター兼モデル、女優。
1962年にTous Les Garçons Et Les Filles(男の子女の子)でシンンガーとしてデビュー。
1968年に発表した"Comment te dire adieu"は1973年に「さよならを教えて」という邦題で日本でもリリースされてヒット。
誰もが一度は何処かで聴いたことのある曲ですね(年代にもよりますが・・・・)
また荒井由実の曲の「わたしのフランソワーズ」は、ユーミンが大好きなアルディのことを歌った曲でした。

今回ご紹介するのは、数あるフランソワーズ・アルディのアルバムの中でも一番大好きな作品です。
"Gin Tonic" は1980年にフランスでリリースされました。
ピアノとエレクトリック・ピアノと共にフランス語で歌い語られるアルディの歌声。
それは少し物悲しかったり、ノスタルジックだったり、時に力強く感じたり・・・・

アルディはベストアルバムもたくさん出ていますが、
この"Gin Tonic" はひとつのアルバム作品として聴いて頂ければ嬉しいです。

"GIN TONIC"



 

素敵なBGM10 X'masソング

素敵なX'masソング
『Have Yourself A Merry Little Christmas』



今年も、クリスマスの季節がやって来ました。
賑やかな街の喧騒の中に、なんだか静かな音楽が恋しくなったりしませんか。

昨年は、SEND ME SOME SNOW / Chris Standring Kathrin Shorr をご紹介しましたが、
今年のツバメ・マルクトのクリスマスのBGMはこの曲。

『Have Yourself A Merry Little Christmas』

"Have Yourself A Merry Little Christmas"は、1944年の映画「若草の頃」の挿入歌。
主演の女優で歌手でもある、Judy Garland(ジュディ・ガーラント)が歌ったのがオリジナルと云われています。

この曲はこれまでもたくさんのアーティストにカバーされているクリスマスソングの名曲中の名曲。
そんな中から"Have Yourself A Merry Little Christmas"を歌ったお気に入りの2つをご紹介します。



■Bright Eyes(ブライト・アイズ) / A Christmas Album (2002)

視聴クリック

11曲目:The Night Before Christmas

"Bright Eyes"は、アメリカのインディーズ・アコースティックグループ。
このアルバムは元々、2002年にオンラインストアのみの発売でリリースされました。

「どんな季節でも聴くことができる本当に悲しくてスウィートなホリデイ・レコーディング」
と、ニュー・ヨーク・タイムズに絶賛され一般発売された傑作アルバム。
オリジナルアレンジされた、素敵で優しい音色の11曲のクリスマス・ソングが収録されています。
その中でも"Have Yourself A Merry Little Christmas"は秀逸です。
10曲目に収録されています。11曲目を続けてお聴き頂くともっと素敵です。。。



■She&Him / A Very She & Him Christmas  (2011)

↑視聴クリック


もうひとつは、She&him (シー・アンド・ヒム)というデュオグループ。
人気女優のZOOEY DESCHANEL(ズーイー・デシャネル)と、シンガーソングライターのM.WARD(M.ウォード)によるデュオグループ、「シー・アンド・ヒム」が2011年にリリースしたクリスマスアルバムです。

こちらもスタンダードなクリスマスソングをカバーしています。60年代を彷彿させるような暖かなサウンド。
ズーイー・デシャネルのキュートでチャーミングな歌声にギターとコーラスのハーモニーがとても素敵です。
心温まる素敵なクリスマスの夜を過ごせる作品です。
「Have Yourself A Merry Little Christmas」は、3曲目に収録されています。



P.S.
昨年のクリスマスにご紹介した、APPLEの素敵なCM"Happy Holidays" シリーズ"Misunderstood­(誤解)"が、
昨年のエミー賞を受賞。実はこのCMで使われていた曲も、"Have Yourself A Merry Little Christmas"でした。
このCMで使われていたのは、"Cat Power" のChan Marshall(ショーン・マーシャル)が歌っていました。

映像もBGMもストーリーも、とてもいいCMでしたね。。。

↑画像をクリック
ジーンときちゃうCM、ちょっと泣けました。家族っていいですね。

12月に入ったら、Tsubame Markt もX'masフェアを予定しています。
少しですが今年もオリジナル・リースも作る予定です。
大切なひとへの贈り物、今年も頑張った自分への贈り物などぜひ探しに来てください。
またブログでご案内致します。みなさまのご来店お待ちしております。
素敵なクリスマスを!