ヴェラスコープ 木製箱型 ガラス写真付 Jules Richard社           Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jules Richard Stereoscope Brevete Verascope Richard Stereo Viewer

 

ジュール・リシャール社(Jules Richard)によって1800年後期に製作された、

立体(3D)ガラス写真と、それを見るためのステレオスコープビュアのセット。

 

立体写真は微妙な横ずれをもつ2枚のガラス写真で、左右の眼で別々に見ることにより三次元的な立体感を生じさせます。

ガラス写真は18枚が当時の箱に入っています。ステレオスコープはマホガニー木製の箱型。

側面にあるガラス写真を差し入れる細長い開口部より挿入します。

 

ステレオスコープは1856年にイギリスの科学者、ジョン・B・ダンサーが発明。

19世紀後半にヨーロッパで一大ブームとなりました。

その後リュミエール兄弟(フランスの映画発明者/映画の父)が、1890年に世界初の映写機シネマトグラフを発明。

シネマトグラフを用いて1894年にフランスのリヨンで作られた世界初の動く映像「工場の出口」は大変有名です。

このリュミエール兄弟によって作られた、モノクロ無声ドキュメンタリーが世界初の映画と言われています。

リュミエールは1900年に開催されたパリ万博でも映画を上映し、世界中からやって来た人々を驚かせました。

こんな小さな木の箱から現代にまで続く映画の世界が始まったと思うと、、、何だかワクワクしてしまいます。

 

世界初の映画「工場の出口」

 

 

 

■ガラス写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ステレオスコープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1800’s後期

・サイズ:縦7.5cmx横13.5cmx高さ14cm

・OT1335 ¥35,000-

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

バッファローの角のハンドル   Made in Netherlands

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、オランダで作られた水牛(バッファロー)の角で作られたドアハンドルです。
グリップの部分にバッファローの角が組み込まれています。
それを支えるブラケット部分はどっしりした鉄製。
黒焦げ茶色の角の独特な色合いがとても美しく、樹脂や木製には無い質感を味わえます。
両サイドの台座部分に4ヵ所のビス穴が開いていて、扉に直接取付することが出来ます。
2ペアでの販売となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



・オランダ 1920年代
・サイズ:L=20cm、D=約6cm、台座4cm角、

・OT0940 ¥15,200-

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

古道具 いろいろ

 

 

 

 

 

 

DSC_0002.jpg

 

 

 

古い道具

古い部品

いろいろ あります。

 

 

 

 

杭のような細長い部分にハンドルが付いた取っ手の様なもの。

ハンドルは360度回せます。

頭に装飾が付いたものと付いていないものがあります。

ドアの取っ手かと思ったのですが、ハンドルが回ってしまうので違う模様。

とても味のある風合いと重みがあります。制作される方、オブジェとしていかがでしょうか。

DSC_0031.jpg

 

 

 

 

こちらは大きな滑車。

上部の丸カン部分以外木製で作られています。

(滑車の芯の部分の素材は不明です)

滑車も回ります。

さて、こちらは何に使えますか?

大きいので存在感があります。

DSC_0034.jpg

 

 

 

 

 

こちらは小さな滑車。

こちらも現役で滑車が回ります。

ランプ制作をされる方など、いかがでしょうか。

DSC_0035.jpg

 

 


 

こちらはゲームのカウンター。

壁に取り付けて、左右のツマミを下ろすと左右それぞれのカウンターが動く仕掛けです。

カウンター部分は少しずれが出ます。

部屋番号のプレートの様に、お店などのドア部分に取り付けても良い味が出そうです。

DSC_0033.jpg

 

 

 

最後に

こちらは小さな小さな鉛の兵隊。

とびきりかわいいですが、とびきり小さいですよ。

 

 

 

上から

 

・ハンドルの付いた杭

・Belgium 年代不詳

・サイズ:縦16cm×横12cm(ハンドル部分含む)

・OT1351 ¥1,600-(在庫2)

 

 

・大きな滑車

・France 年代不詳

・サイズ:縦15cm(丸カン含まず)×横9cm×幅6cm

・OT1344 ¥5,000-

 

 

・小さな滑車

・France 年代不詳

・サイズ:縦11cm×横5cm×幅2.5cm

・OT1343 ¥4,000-(在庫2)

 

 

・ゲームのカウンター

・France 1900年代前期

・サイズ:縦5.5cm×横21cm

・OT1343 ¥4,000-

 

 

・小さな鉛の兵隊

・France 1900年代前期

・サイズ:約縦3cm×横2cm

・HB174 ¥1,250-(在庫4:形がそれぞれ違います)

 

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

木箱いろいろ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い木製の箱は私の大好きなアイテムのひとつです。

買付けに行くと飴色になった木箱を見つけるとついつい近寄っていってしまいます。

当店に在庫している木箱たち。。。今回は4点一挙にご案内致します。

大きいモノから小箱まで用途もいろいろです。

 

 

 

 

 

 

■教会で使われていた木箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは昔フランスの教会で使われていた木製の折り畳み式の平箱です。

上蓋は手前と奥に大小2つ付いています。奥の方は黒いインクの跡がたくさん付いています。

前側の蓋を開けると、キリストとマリアが描かれた印刷物と、Dieu mon devoir et plus rien sur la terre.

と書かれた紙が貼られています。

 

・France 19世紀

・サイズ:横30cmx奥行42cmx高さ8.5cm

・OT1108 ¥35,000-

 

 

 

 

 

 

 

■木製平箱(引き蓋付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文書や手紙、あるいは筆記具や文具等をを入れる物でしょうか。

硬い木で作られたライトブラウン色の平箱です。四隅は組み継ぎ加工されています。

 

・France 1900年代前期

・サイズ:縦17.5cmx横27.5cmx高さ5cm

・OT1246 ¥12,000-

 

 

 

 

 

 

 

■木製木箱 切手・印紙入れ(真鍮枠入)

 

 

 

 

右下部に反りによる隙が生じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

小さいサイズの木箱、切手や印紙などを入れてデスクやカウンター窓口などで使われていた物。

上部蓋と台座の部分には真鍮のフレームが付いています。上蓋には内輪に真鍮の飾り枠が施されています。

蝶番も真鍮製です。経年変化で台座に反りがあり、平板の上に置くとがたつきがあります。

下に小さな布などを敷いて頂くと良いと思います。

 

・France 1900年代前期

・サイズ:縦6cmx横11.3cmx高さ4cm

・OT0905 ¥12,000-

 

 

 

 

 

 

 

■木製嗅ぎ煙草を入れるからくり箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは小さな嗅ぎ煙草を入れるための木箱です。

からくり箱のようになっており上部の2つの蓋をうまく使って開くように作られています。

端部に付いている真鍮の金物でロック出来るようになっています。

貴の材質などは不明ですが木の肌触りなど、経年変化によりとても良い感じになっています。

底にヒビが有りますが使用上の問題はありません。

 

・France 19世紀後期

・サイズ:縦10.3cmx横4.5cmx高さ3.7cm

・OT1336 ¥16,800-

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AMIDON AU "CHAT" Hoffmann 木箱   Made in Germany

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはドイツの洗濯石鹸を入れる古い木箱。5kg入なので少々大きな箱になります。

飴色の木肌に猫の絵柄が5面に焼き印されています。

 

ホフマン社「Hoffmann's stärke」(ドイツの「starch」はドイツ語で「デンプン」の意味)は1850年ドイツの北西の小さな街、ザルツフレン近郊にデンプン工場として設立されました。1990年に工場が閉鎖されるまで、主に澱粉を使った洗濯石鹸や食品生成品を製造していました。

 

ブランドマークである猫は清潔感のシンボル、「The cat」はドイツ人画家フェデラル・リンツァー Fedor Alexis Flinzer(1832-1911)によってデザインされ、当時「ホフマンの猫」としてドイツで最も有名な猫と云われました。

 

本品はフランス語表記なので、当時ドイツからフランスに輸出されていた物でしょうか。

箱の底部の木の節穴を木パテで埋めたり、ジョイントの脆弱な部分の補修等のため少し手を加えました。

そのため矩形はしっかりした物になっています。とてもかわいい木箱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900's前期頃

・サイズ:39.5cm×25cm×H 14.3cm

・OT1321 12,000-  SOLD

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

Iron Flower        made in Holland

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンデリアを彩るパーツのひとつとして使われた、水仙のアイアンフラワーです。

 

薄黄色の花と、スモーキーグレーの葉と、茎部分もアイアンで作られています。

 

 

 

オランダは、チューリップの他にも水仙が春になるとたくさん咲きます。

日本でお馴染みのラッパ水仙や、花弁が八重になったゴージャスな水仙まで、たくさんの品種があります。

 

 

アムステルダムから30分程の所にキューケンホフという大きな公園には、

毎年700万以上の球根を植えられ、春から夏にかけてたくさんの色とりどりの花が咲くそうです。

 

春はすぐそこに。

 

 

 

 

 

 

・Holland 年代不詳

・サイズ:長さ33cm

・OT1284 ¥3,500- / 1per(在庫3)

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

BRYANT & MAY ロバのマッチストライカー  Made in England

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋳鉄で作られたロバのマッチストライカー。

19世紀半ばに設立されたイギリスのマッチ製造会社BRYANT & MAYの名前が刻まれています。

 

ロバの背中は、箱型になっていて、こちらにマッチ箱が入るようになっていたと思われます。

底面には台に取り付けるネジが出ています。元々は灰皿となる受皿に付いていたようです。

 

 

表面の塗装はだいぶ剥がれてしまっています。

塗装は、以前の持ち主が元の鋳鉄の上に塗装を施したものと思われます。

マッチをたくさん積んだ働き者のロバです。

 

 

 

 

 

 

何かお役に立てることはないでしょうか?(ロバより)

 

 

 

・イギリス 1800年代 後期
・サイズ:全長13x高さ約10cm×幅約3.5cm

・OT0222 ¥8,000-    SOLD

 

 

※価格は全て税込みになります。

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

飾り彫刻付き木製金彩枠の鏡    Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで見つけた飾り彫刻の入った小さな壁掛け鏡。木製枠には金彩が施されています。

大きさは縦18×横12僂らいでとても小さめで可愛らしいサイズです。

鏡自体も当時のままですが小さいせいか古い鏡独特の歪みなどは感じられません。

 

買付けた当初は埃と汚れがかなりあったのですが、日本に帰ってから綺麗に手入れしてここまで金彩が甦りました。

あまり綺麗にし過ぎるとアンティーク感が損なわれるのでこの位にしてあります。

1900年代前期頃の物のようですが深く彫り込まれた木枠と鮮やかな金彩がとても素敵です。

 

とても小さめの鏡ですがこのサイズはあまり見つからず希少。

鏡としての機能もそうですが、白い壁に掛かるインテリアとしてもパリのアパートメントのような趣です。

 

 

 

 

 

裏は木板が張られており、上部に壁掛けフック用に窪みが彫り込まれています。

 

 

 

 

 

・France 1900年代前期

・サイズ:縦18×横12×厚さ1.5cm

・OT1347 ¥12,000-  SOLD

 

 

※価格は全て税込みになります

 商品のお問合せについて

 

 

 

 

ベルギーのコンセント付き電球ソケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日のランプで使用した電球のソケット、陶器と真鍮で作られています。

真鍮部分を磨いてみました。あまり磨くとピカピカになってしまうので程よいところで止めてあります。

ソケットの口径は26Eですので、日本の電球をそのまま付けることが出来ます。

 

両サイドの2つ穴はコンセントの差込口で、プラグ形状はヨーロッパ式のCタイプになります。

試しに変換アダプターを使ってみましたが一応通電しました。

形状がかわいいので普通にランプを付けるだけでも十分素敵になります。

 

 

 

 

 

 

 

電球は日本製26Eを嵌めてみました。

 

 

・ベルギー 1900's中期頃

・サイズ:高さ8cm〜9cm(個体によって多少差異があります)

・OT0750 ¥2,500-

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

Memorial antique beads ornament Made in France

 

1900年初期に作られた、ビーズで文字を模ったオーナメント。

 

 

細かなシードビーズで花を作ったり、その花を使って大きなリースに仕上げ、

その時々の記念日に使用するメモリアルなオーナメントとして使われていました。

 

こちらはその花のリースに添える言葉のオーナメント。

嬉しい記念日であったり、もちろん悲しい時や、また年を重ねる毎の記念日だったり

いろいろな場面でこうしたビーズオーナメントは使われていたようです。

 

 

アルファベットに切り出したスチールの板に

細かなビーズを針金で一つずつ手作業で巻いて作られています。

アルファベットの文字と文字の間は、少し大きなビーズを通した針金で繋げています。

美しく緻密な作業です。

 

 

言葉は4種類。

「A NOTRE PETIT FILS」 私たちの小さな息子

 

 

「A MON EPOUX」私の夫

 

「ANNIVERSAIRE」誕生日

 

 

「A MA SOEUR」私の妹

 

言葉の意味をそのまま捉えなくとも、

細かなビーズの手仕事と、字体の美しさで

一つ置くだけでディスプレイとしてとても映えます。

 

お店のディスプレイや撮影などに使われてはいかがでしょうか。

 

 

「A NOTRE PETIT FILS」

・France 1900’s初期頃

・サイズ:約42cm

・OR386 ¥12,000- SOLD

 

 

「A MON EPOUX」

・France 1900’s初期頃

・サイズ:約40cm

・OR383 ¥12,000-

 

 

「ANNIVERSAIRE」

・France 1900’s初期頃

・サイズ:約27cm

・OR385 ¥12,000-

 

 

「A MA SOEUR」

・France 1900’s初期頃

・サイズ:約32cm

・OR384 ¥12,000- SOLD

 

 

 

商品のお問合せについて