イギリス製EPNSの手鏡       Made in England

イギリスのかっこいい手鏡です。

 

鏡は当店人気のアイテムです。

小さめの鏡は特に人気があります。

 

今回買付けた鏡の中で最後にご紹介するのは、シンプルな無骨な手鏡。

MADE IN ENGLANDの文字と共に

EPNSの刻印。

E.P.N.S.とは、Electro Plated Nickel Silverの略で洋白・銀メッキ仕上げの意。

 

裏はアクセントに赤い革張りとなっています。

 

 

玄関先に置いて毎朝の身だしなみチェック。

かっこいい手鏡なら気合も入るような気がします。

 

・イギリス   1960年頃

・サイズ:鏡部分直径14×全長27

・OT1280 ¥11,000-  

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

真鍮蓋付き小さな香水カラーボトル Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスの小さな小さな香水を入れるビンテージガラスのボトル

Blue、Green、Sepia Violet の3色、蓋部分は真鍮で作られています。

高さ6cm位の小さなパフュームボトルです。鎖を付けて首からぶら下げられる程の大きさです。

 

 

 

 

・France 1900年代中期

・サイズ:高さ6cm×底径2cm

・OT1250 ¥1,000-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

小さめの壁掛け鏡          

小さめの壁掛け鏡を3つご紹介です。

どちらもベルギーで見つけて、買付けて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、飾り彫刻の入った小さめの壁掛け鏡。

大きさは、縦27×横17僂蛤2麈禀佞韻討た中では特に小さめで可愛らしいサイズ感です。

金彩が施されています。

 

裏は木板で打ち止めされ、フック金物が付いています。

 

 

 

こちらは長方形の鏡。

銀彩が施されていた様子です。銀彩の落ち着いた感じがとても良いです。

大きさは縦29×横16僉

 

 

裏は厚めの紙のボードが貼られています。

 

 

 

3つ目は、

大きさは縦40×横17僂蛤2麈禀佞韻涼罎任和腓めです。

彫刻と金彩で飾られ、アール部分が、長方形の形ながら柔らかい印象になっています。

 

 

こちらも裏は木板が張られています。

 

どちらも鏡部分は現代のものと取り換えてはおりません。

 

現代の鏡は均一に綺麗に作られており、写すものもはっきりと綺麗に写してくれます。

 

昔の鏡は現代のものと違い、製造方法などから歪みや厚さの違いなどが見られます。

ですが、その歪んでいたり、波を打っていたりする昔の鏡の方が

写すものの印象を柔らかくすると言われています。

 

壁掛け鏡としてお使いになっても、

また、

アクセサリーやグラスなどのディスプレイ台としてお使いになるのも良いと思います。

 

 

 

上から

・買付け地 ベルギー 年代不詳

・サイズ:27×17

・OT1281 ¥9,000- SOLD

 

 

・買付け地 ベルギー 年代不詳

・サイズ:29×16

・OT1282 ¥10,000- SOLD

 

 

・買付け地 ベルギー 年代不詳

・サイズ:40×17

・OT1283 ¥13,000-  SOLD

 

 

商品のお問合せについて

 

 

ポスタルレタースケール  Made in Germany

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1912年創業のドイツのヤコブ・モール(Jakob Maul)社のポスタルレタースケール。

1900年代後期、オランダの郵便局で使われていたものです。

鋳鉄、真鍮、そして文字盤はホワイトの琺瑯に数字が刻まれています。

500グラムまで測定できます。そのフォルムの機能的なデザインもとてもチャーミングです。

 

単純な作りのようですがとてもよく出来ています。

上部の郵便物を載せるお皿は差し込み式で簡単に外せます。

そして下部の脚も90度回すこと出来るようになっていて持ち運ぶ時は全体が平らになります。

弓型の目盛り部分には2通りの目盛りが付いています。

中心部分の分銅を中程の軸を中心に上げたり下げたりして郵便物の量り方を変えることが出来るようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤコブ・モール(Jakob Maul)社の刻印

 

 

分銅を下げた状態

 

通常の0〜500グラムまでの重さが量れます。

 

 

 

分銅を上げた状態

 

指針が内側の目盛りのゼロ部分に合うようになっています。

そして軽量(0〜100グラムまで)の詳細な重さを量ることが出来ます。

 

 

 

・Germany 1900年代後期

・サイズ:幅24cmx奥行11cmx高さ28cm

・OT1272 ¥16,500-        sold

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

小さな香水ボトルとインクボトル、錫のミルクピッチャーと小皿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで小さな香水ボトルを見つけました。

コバルトブルー、セピアバイオレット、ディープエメラルドグリーンの3色。

ボトルは蓋付きで真鍮製です。5〜6cm位の高さの小さなボトル。

 

もう一つはオランダの錫製の小さなミルクピッチャーと小皿。

少し生成り色に変色した錫の色合いがきれいです。

 

最後はベルギーのブルーインクボトル。

インクは既に硬化していますがボトルに付着して残るコバルトブルーの色が何とも云えず綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・香水ボトル France

 OT1250 ¥1,000-/1個

・錫製ミルクピッチャー Holland

 KT1402 ¥900-/1個   all sold

・錫製小皿 Holland

 KT1401 ¥1,000-/1枚

・ブルーのインクボトル Belgium

 ST0536 ¥2,000-/1個

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀の鋳鉄製の柄杓    Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19世紀のフランスの鉄の柄杓。

2ミリ程ある分厚い鋳鉄製でずっしりとした重量感があります。

何をすくうものだったのかのは不明ですが、製鉄所の溶鉱炉などで使われていたのでしょうか。

底の部分や持ち手のつなぎ部分に金継ぎのような溶接跡のようなモノが残っています。

持ち手は無垢の木製。古い黒い鋳鉄と錆、それに似つかわしくないスッとした形がとてもチャーミングな古道具です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 19世紀

・サイズ:L=45cm、柄杓の直径5cmx高さ8cm

・OT1217 ¥7,000-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄製フック金物(3連)木製台座    Made in Holland

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台座部分の蜷局を巻いたようなデザインがとてもチャーミングな古いフック金物です。

1本の太い針金を加工して作られていて、古い無垢の木の台座もとてもいい感じです。

早速、Vadaさんで購入した蜜蝋でワックス掛けしてみました。

蜜蝋が染み込んで益々いい色合いになりました。

1900年代前期頃のオランダの物です。台座の長さは約30cmくらいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Holland 1900年代前期

・サイズ:縦6cmx横32cmx出幅7cm(金物突端まで)

・OT1215-2 ¥5,400-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

Klompen(clogs) 木靴      Made in Holland

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オランダの1880年〜1930年代の古い革張りの木靴です。サイズは24cm前後でしょうか。

靴底のソール部分が木製、上部は硬質の革製。

以前にも何度か似たような木靴を買付けたことがある、好きなアイテムのひとつです。

今回も同様に木を削って造ったソールに革がぐるっとビス打ちされているタイプ。

左脚の方だけつま先に補修用の革が張られています。これがまたチャーミングポイントになっていますね。

かかと部分のヒールには樹脂の補修材が後付けされています。

がっしりした堅い焦げ茶色の革がとてもカッコいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Holland 1900年代前後

・サイズ:24cmくらい

・OT1213 ¥9,000-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

Bakelite Item たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店主がベークライトアイテムが大好きな為、買付けに行くといつも色んな所で探して来ます。

元々ベークライト(Bakelite)は発明者の名前で、それがそのまま製品名になりました。

ベルギー人化学者のレオ・ヘンドリック・ベークランドが1907年にアメリカの研究所で発明しました。

 

ベークライトはフェノール(石炭酸)とホルマリンの化学反応によって出来た化合物でフェノール樹脂と呼ばれています。

19世紀後半に発見されたこの樹脂の工業化に成功し、製品化に成功したのがベークランドでした。

その後、工業製品の生産と開発を目的にベークライト社を設立し、そのフェノール樹脂をベークライトと名付けました。

 

ベークライトは耐熱、耐火に強い素材だった為、当時は電気部品や自動車部品、電気ソケット等に徴用されました。

ドイツやイギリス等ではステーショナリーなどにもよく使われていました。

色んな色に着色することは可能ですが、一般的には黒や茶色のモノが多く、あとグリーンや白色のモノもあります。

 

今回の買付けでは、ステーショナリーをメインにペンケースやエッグスタンド、灰皿、ルーレット、ガラスボトルの蓋、コインケース、スイッチ等、色々見つけて来ました。

ベークライトファンの方には是非ご覧頂きたいアイテムがたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オランダの保険会社の古い木製時計  Made in Holland

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1845年創業のオランダの保険会社、Groot Noordholl 社が1930年代に制作した木製の置時計です。

この会社、調べましたら当時としては目新しい貯蓄保険を商品としていたようです。

なのでこの時計は貯金箱にもなっています。これもただの貯金箱ではないようなのです。

 

今色々調査中ですがどういう食見になっているのか???

作動方法は今の所不明ですが、大変よくよく作られた上質品です。

材料は恐らく当時より高級家具などによく使われていたマホガニーだと思います。

時間のある時に中を開けてみたいと思っております。

時計のムーブメントはゼンマイ式機械時計、フルに巻いて約2日半くらい動いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Holland 1936's

・サイズ:縦70cmx奥行22.5cmx高さ19cm

・OT1204 ¥16,000-  予約済み

 

 

商品のお問合せについて