厚紙のボックス  Made in France

 

cartonnages de bureau

厚紙で作られた卓上ボックスです。

厚紙といってもとても厚く、頑丈です。

 

DSC_0315.jpg

 

 

差し込み式のキャッチが付けられている開閉式の蓋を

手前に引く様に開けます。

カチっ!

 

DSC_0314.jpg

 

 

パリにあったお店のタグが貼ってあります。

DSC_0306.jpg

 

置き方はいろいろ。

向きを逆にして下駄箱の様に下から開けても良いのではないでしょうか。

木製のものとは違い軽いので、本棚に置いて小さなものの整理にも活躍しそうです。

 

DSC_0313.jpg

 

・cartonnages de bureau (卓上厚紙製ボックス) France 年代不詳

・サイズ:横230x奥行310x高さ150

・OT1112  ¥7,200-/1箱

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

古いタイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買付けに行くといつも探していた古いタイル

今回、気に入ったモノをやっと見つけました。

1800年代後期から1900年代初期のフランスとイタリアのモノです。

約11cm角の正方形で青色の絵付けに表面にはうっすらと釉薬がかけられたとても美しいタイルです。

青いドットの柄はイタリア製、他は北フランスのモノです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルー色のドットが可愛いイタリアのタイル

 

 

 

 

 

 

 

ブルー色の手描きのデザイン、何枚かあったら並べて見てみたいけど、今回は一枚だけ。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとエスニックな香りもする北フランス産のタイル

 

 

 

 

・フランス、イタリア 1800年代後期〜1900年代初期

・サイズ:約11cm

・4,000〜4,300円

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

革で繕われた靴の木型  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革で何度も修正された靴の木型

修繕していくうちに幾重にも張られていった革の質感と、

経年変化で飴色のなった木型がとてもいい感じになっています。

昔のフランスの靴職人の手仕事が目に浮かぶようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900年代前期

・大人サイズ

・OT1111 ¥7,200-  sold

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

小さな手作りガラスの軽量カップ  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス、パリ近郊の蚤の市でたくさん買付けてきた小さなガラスの計量カップ。

型にはめて大量に作られたモノでしょう。ちょっとセピア色がかっていてガラスの揺らぎがそのまま残っています。

上部の斜めカットも切りっぱなしな感じがとてもいいです。

1900年初め頃のもの。その昔お酒の分量なんかを量るために使われていたモノでしょうか。

 

小さな花を飾ったり、アクセサリーや小物を入れて置いたり。。。

テーブルやデスクに癒しアイテムの1つとしていかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900年代初め

・サイズ:直径38x60

・OT1011 各¥1,400-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Idéale  自転車サドル 革製こげ茶   Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスの古いサドルメーカー Idéale のめずらしいコイルバネ式のサドル。

側面には、"IDEALE 63,CYCLO-TOURISTE Made in France" と彫られています。

 

Idéale は1890年創業のフランスの自転車用サドルメーカー。

主にロードレースタイプのサドルを制作していました。

英国のBROOKSなどとほぼ同時代のメーカーですが1981年にその幕を閉じています。

 

本品は1950年〜1960年代のモデルと思われます。

こげ茶色の革に上部と両サイドに複数の穴あけ加工がされています。

形状はシティ、ロードの両用、どちらにも使えそうなモデルです。

古いサドルは革が厚くしっかりしているので、表面に多少のヒビが入ってもまだまだ現役で使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のカタログ No63 MODELが掲載されています

 

 

・France 1950〜60年代

・サイズ:全長29.cmx横幅16.5cmx高さ9cm位

・OT1000 ¥12,500-

 

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

フランスの不思議な古道具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで見つけてきた古道具。個人的にすごく惹かれて、気に入って買付けてきました。

あちらのディーラーさんに何に使うものか訊きましたが、はっきり解らないそうです。

たぶん何かの型押し器とのこと。

 

私的には何に使うかというより、この素材感とフォルムが気に入りました。

古い鋳鉄と木味の融合したパティーナ感のある古道具がたまらなく大好きなんです。

そのままディスプレイとして飾ってもいいし、何かを挿して道具として使ってもいいし、

勿論型押し器としてでもいいし、色々工夫して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900年代前期

・サイズ:縦6.5cmx横9.0cmx高さ1.4cm

・OT1014 ¥6,800-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

木製カードケース箱  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで買付けてきた木箱。

用途はカードケースで、アルファベットのインデックスが付属しています(Zのみ無)

アルファベット別にカードや書類を仕分けしておくことが出来ます。

 

蝶番、つまみ、腕金物等の金物類は真鍮製。箱の四隅のジョイントは組継ぎで作られています。

蓋を上部に持ち上げて開けるタイプです。

経年変化による木味(パティーナ)を味わうことが出来る一品です。

箱の状態や矩形の狂いや歪みも殆どありませんので、ストレス無く使うことが出来ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1900年代中期頃

・外寸サイズ:縦220x横145x高さ109mm

・内寸サイズ:縦200x横130x高さ100(MAX)mm

・OT0951 ¥15,000-

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

Art Deco 透明な香水ボトル  Made in France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1920年代にフランスで作られた香水ボトル

アールデコのデザインが特徴的なとても美しい角型のモデルです。

蓋と雌ネジの部分はクロムニッケル製で蓋の中の奥にはコルクが付いています。

 

なかにもう一つガラス製のキャップが付いています。

口との接点の部分にはガラスにスリ加工が施されています。

ガラスの撓みもとても綺麗です。

蓋を開けると僅かな残り香を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・France 1920’s

・サイズ:縦4x横5.5x高さ9.5cm

・OT1094 ¥5,270- sold

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

Sterling Silverの小さなフォトスタンド   Made in England

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sterling Silver(スターリングシルバー)とは、銀の含有率925パーミル(92.5%)の銀製品のこと。

14世紀頃、ドイツからイギリスに伝わりその後イギリスの法定品位となりました。

それ以来イギリス銀貨は925スターリング材で鋳造されてきました。

 

イギリスの通貨の正式名称は今でも "Pound Sterling" と呼ばれています。

ヨーロッパでは一般的に900パーミル以上のモノをコインシルバーと呼んでいます。

現在のポンドやユーロ硬貨は、銀ではなく主に白銅(銅とニッケルの合金)が使用されています。

スターリングシルバーは純度の高い銀製品の品質保証ということで、各国で定められた様々なホールマークによって確認することが出来ます。

 

 

 

 

 

今回はスターリングシルバーの小さなフォトスタンド、2種類ご紹介です。

1つめは聖杯と花飾りの模様のフォトスタンドです。

 

 

DSC_0988.jpg

 

 

DSC_0992.jpg

 

 

 

イギリスの銀製品に付けるとされるホールマークが刻印されています。

ライオン像・925パーミル、スターリングシルバーの刻印。

タウンマークはLondon、デートレターはB、2001年のものと思われます。

 

DSC_0991.jpg

 

裏面は上質なベルベットで覆われ、銅金具をスライドさせて裏面の蓋を外し中の写真を入れ替えます。

 

DSC_0993.jpg

 

 

 

シルバーの優しい光が刻印された模様を美しく浮かび上がらせています。

 

 

 

・England 2001年 スターリングシルバー

・サイズ:縦8×横6

・OT506-1 ¥19,860-

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

2つ目はスカラップの形が可愛らしい丸びを帯びたフォトスタンドです。

 

DSC_0999.jpg

 

 

DSC_1001.jpg

 

こちらもイギリスの銀製ホールマークが入っています。

ライオン像・925スターリングシルバーの刻印。

タウンマークはBirmingham。、デートレターはM、1986年のものと思われます。

 

DSC_0995.jpg

 

こちらの裏面も同様、銅金具をスライドさせて裏面の蓋を外します。

 

DSC_0985.jpg

 

・England 1986年 スターリングシルバー

・サイズ:縦8×横6

・OT506-2 ¥19,860-

 

 

 

どちらも小さなフォトスタンドです。

特別な想い出の一コマをそっと入れていつも身近に。幸せな気分になれそうな気がしませんか。

 

 

商品のお問合せについて

 

 

 

 

 

 

 

水牛の角の取っ手  Made in Netherlands

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水牛(バッファロー)の角で作られたドアハンドルです。

グリップの部分が水牛の角で出来ており、それを支えるブラケット部分はどっしりした鋳鉄製。

水牛の角の独特な色合いがとても美しく、樹脂や木製には無い質感を味わえます。

デコラティブな両サイドの取付金具の装飾が高級感を醸し出しています。

 

グリップ中心にあるリングの部分から左右が稼働して、扉本体の微妙な不陸調整をすることが出来るようになっています。

両側の脚(ブラケット)に4本のビス穴が開いていて、扉本体に直付けるタイプです(専用ビスはありません)

1920年頃のオランダの邸宅で使用されていたモノ。

2本セットでの販売となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・オランダ 1920年代

・サイズ:L=20cm、D=約6cm、台座4cm角、

・OT0940 ¥24,500-

 

 

商品のお問合せについて